PMS対策・改善NaviTOP » 【セキララ座談会】つらい生理前どうしてる? » 生理前の過食・朝起きられない・むくみがひどいDさんの場合
PMSとは?診断テストでわかる PMS対策キホンの予防 セルフ改善医療機関で行う 専門的なPMS治療PMS治療が受けられる 病院リスト【セキララ座談会】つらい生理前どうしてる?

PMS(生理前緊張症)による過食・朝起きられない・むくみがひどいDさんの場合

生理前の過食・朝起きられない・むくみがひどい Dさんの場合

過食のあとに吐き気や頭痛がおそってくる

1週間前から食欲が増してきて、食べていないと落ち着かなくなります。そこで糖分や脂肪を取ってしまったりすると、むくみを悪化させてしまいます。それが原因で自己嫌悪におちいったりして、まさに悪循環ですね。その後、頭痛や吐き気が出てきて、精神的にも不安定になってきます。ピークは2~3日前です。

DさんのPMS症状グラフ

早期のクリニック受診を検討中

●PMSの症状が出るようになったのは?

22歳を過ぎてから、顕著になりました。急に泣き出すなど、情緒不安定になることもあり、周りの人に不審がられていたと思います。

これまで行ってきた対策方法は?

つぼ押しをやっています。体内の循環を良くするつぼを押して、PMSの症状が緩和できるそうです。あと、ときどきサプリや薬も飲んでいます。

今まで一番重かった時の状況は?

仕事への影響が多いですね。寝起きが悪く気分が優れない中、どうにか出社したものの、あまりに気分が落ち込み過ぎて1日中会社の医務室で寝込んでいたこともあります。

また、生理初日にひどい吐き気におそわれ、そのまま失神し、救急車で運ばれたこともありました。

これまで専門のクリニックを受診されたことはありますか?

ありません。ただ、クリニックでちゃんと診てもらおうと思っているので、良い所はどこか調べています。今回、ハイジーアのドクターズサプリを飲む機会があり、良いきっかけになりました。

これまで飲んだことがあるサプリや医薬品はありますか?

ハイジーアのPMS向けサプリ生理中は頭痛がひどいので、鎮痛薬のイブなどを飲みます。先月初めてクリニック・ハイジーアが出している栄養療法のドクターズサプリを飲んだのですが、その後の生理前の時期は、少し気分が安定したような気がします。

関係があるかわかりませんが、栄養をしっかり補給できるためか、風邪をひかなくなりましたし、気分のムラがおさまった点が1番助かりました!

無理をしないように周囲の理解も大切

過食ののち、吐き気や頭痛に見舞われるDさん。症状が重い時は救急車で運ばれることもあったようです。

あまりに症状がつらい時は、決して無理をしてはいけません。つらい時に仕事や家事を行っていると、かえって迷惑をかけてしまう恐れがあります。周囲の人も、PMSの存在や症状を知り、理解を示してあげることが大切です。

あなただけじゃありません。生理前のつらい症状

参加者Aさん

参加者Aさん

30代

PMSが始まると身体も心もぐったり…。

めまいと気だるさに悩む
Aさんについて

詳しく見る

参加者Bさん

参加者Bさん

30代

PMSが始まると身体も心もぐったり…。

めまいと気だるさに悩む
Bさんについて

詳しく見る

参加者Cさん

参加者Cさん

40代

あまりの冷えで、日常生活にも支障が…。

冷え性と頭痛に苦しむ
Cさんについて

詳しく見る

参加者Eさん

参加者Eさん

20代

PMS期間の長さと、腰痛・腹痛に悩み…。

腰痛と腹痛がひどい
Eさんについて

詳しく見る
医療機関で行う専門的なPMS治療ドクターズサプリという選択

 

TOP