PMSとは?診断テストでわかる PMS対策キホンの予防 セルフ改善医療機関で行う 専門的なPMS治療PMS治療が受けられる 病院リスト【セキララ座談会】つらい生理前どうしてる?

特集PMS対策にドクターズサプリという選択

市販のサプリとドクターズサプリの違いは?

ドラッグストアやスーパー、コンビニでも販売されている栄養補助食品やサプリメント。迷ってしまうほどたくさんの種類がある中で、本当にPMSの症状改善に効果があるサプリとはどのようなものなのでしょうか?

サプリメントと言えば、製薬会社や健康食品会社などが市販しているものが一般的ですが、中には医師や栄養の専門家が開発や監修に携わり、クリニックで患者さん1人1人の体質を検査してから提供されるドクターズサプリというものがあります。

体質改善や症状緩和に効果的だと言われるドクターズサプリについて、その特徴や効果が現れる秘密について、解説していきましょう。

ドクターズサプリメントとはどんなもの?

医師や栄養士が監修したサプリというだけなら、ドラッグストアなどでたくさんの種類が市販されていますが、これらの製品は厳密にはドクターズサプリとは呼びません。

ドクターズサプリと分類されるのは、医師が開発したというだけではなく、血液検査や尿検査で厳密に体質をチェックし、不足している栄養素などをきちんと把握した上で提供されるサプリメントのこと。基本的には、クリニックを受診して行われる、栄養治療や栄養分析プログラムの一環として処方されるサプリメントのことを言います。

ドクターズサプリと市販サプリメントの違いとは

ドクターズサプリメントと一般的なサプリとの違いを、それぞれのメリットとデメリットを挙げて比較してみましょう。

 

メリット

デメリット

ドクターズサプリ

  • 医師が体質や栄養状態をチェックした上で処方する
  • 体に本当に必要な栄養だけを補うことができる
  • サプリ服用中や服用後のフォローアップがある
  • 栄養成分やカプセルには高品質な材料を使って製造されている
  • 医薬品製造基準の工場などで安全に作られている
  • 医師の診断を受ける必要がある
  • サプリメント代のほかに、受診料や検査費用などがかかる

市販のサプリ

  • ドラッグストアなどで手軽に手に入る
  • 比較的安価なので手に入れやすい
  • 有効成分の濃度や品質などに問題がある製品もある
  • 体に本当に必要な栄養を選ぶことが難しい
  • 体質に合わない製品を選んでしまうリスクがある
  • サプリを服用した後のフォローがない

おすすめのドクターズサプリメント

クリニック・ハイジーアの分子整合栄養医学にもとづいたPMSサプリ

クリニック・ハイジーアでは、血液と尿を採取して60項目もの生化学検査を行い、PMSの原因を突き止めることから治療がスタートします。
 クリニック・ハイジーアのPMS改善サプリ大抵の患者さんは女性ホルモンのバランスの乱れに根本的な原因があるわけではなく、ミネラルやビタミンが体内で不足していることに起因しているものが多いと判明するので、不足している栄養素を組み合わせて処方します。約3ヶ月ほどで、身体的・精神的症状の改善や体質の変化が認められるケースがほとんどだといいます。

ちなみにPMSの改善用サプリメントは、オンラインで購入できる商品もあるので、「今すぐに診察は受けられないけど、ぜひ試してみたい」という方は利用してみてはいかがでしょうか。

※画像は、クリニック・ハイジーアの栄養療法に基づいたPMSサプリメント
PMSの改善に不可欠なミネラル「鉄」を効率よく吸収するために「ヘム鉄」と「非ヘム鉄」のミックスで配合。吸収率をさらに高める加工もされています。PMSやPMDDの原因になる低血糖症改善に必要な「亜鉛」に加え、エネルギー産生や細胞機能を高め疲労感や体調不良を改善する「ビタミンB群」に、DNA、イノシトール、L-カルニチンなどをプラス。PMS改善に必須な鉄の吸収を高める「ビタミンC」も非加熱で配合されています。

医療機関で行う専門的なPMS治療ドクターズサプリという選択

 

PMS対策Navi厳選!PMSを治療できる専門クリニック

クリニック・ハイジーア

治療法の特徴

根本的な改善が望めるか

◎

安全性

◎

手軽さ

○

費用の目安

生化学検査料15,000円+初診料5,000円+治療用サプリメントの処方50,000円〜(1ヶ月)
※初診時、カウンセラーによるカウンセリング(60分)無料

行っている治療方法

栄養療法

血液検査や尿検査でPMSの原因を特定し、不足している栄養素を補うためのサプリメントを医師が処方します。サプリの服用と同時に食事や生活指導を受け、体質改善を行うことで、根本から症状を改善する治療法です。3ヶ月〜半年ほどで症状や体質に改善がみられるかどうかをチェックします。

クリニック・ハイジーア/秦俊昭 院長

引用元:クリニックハイジーア公式 HP
(http://pms-hygeia.jp/)

ドクターの紹介

クリニック・ハイジーア/秦俊昭 院長

防衛医科大学医学部1982年卒業。東京慈恵会医科大学医学研究科大学院修了。 防衛医科大学病院、自衛隊中央病院などを経て、 三宿病院産婦人科部長などを歴任し、 2013年より、クリニック・ハイジーア院長就任。日本産婦人科学会専門医。

渋谷文化村通りレディスクリニック

治療法の特徴

根本的な改善が望めるか

△

安全性

○

手軽さ

○

費用の目安

1回3,300円(初診・再診料は別途)

行っている治療方法

PMSレス注射

ビタミンBや必須アミノ酸などを配合した注射を、PMSの症状が激しいときに行います。1回の注射で症状緩和が期待でき、効果は3〜4日続くそうです。

渋谷文化村通りレディスクリニック/丸橋和子 院長

引用元:渋谷文化村通りレディスクリニック HP
(http://www.shibuya-bunkamuradori-ladies.jp/)

ドクターの紹介

渋谷文化村通りレディスクリニック/丸橋和子 院長

平成4年、香川医科大学卒業。産婦人科医として20年近く経験を積んだ後、平成25年より渋谷文化村通りレディスクリニックに勤務。平成27年11月より同院の院長に就任する。日本性感染症学会認定医、母体保護法指定医師。

成城松村クリニック

治療法の特徴

根本的な改善が望めるか

◎

安全性

◎

手軽さ

○

費用の目安

プラセンタ注射2アンプル2,000円~
栄養療法「栄養解析レポート」25,000円+サプリメント代

行っている治療方法

プラセンタ療法、栄養療法

プラセンタ注射を2アンプル2,000円〜で受ける治療法と、オーダーメイドのサプリメントによる栄養療法があります。プラセンタ注射は1回に2〜5アンプルを症状に応じた回数だけ注射します。栄養療法は、血液検査などで栄養状態をチェックし、足りない栄養素をサプリメントで補う方法です。

成城松村クリニック/松村圭子 院長

引用元:成城松村クリニック HP
(http://seijo-keikoclub.com/)

ドクターの紹介

成城松村クリニック/松村圭子 院長

1995年に広島大学医学部卒業後、広島大学医学部産科婦人科学教室に入局。2010年に成城松村クリニック開院する。女性の美容健康向け書籍の執筆や監修・女性向け携帯サイトへの出演など、様々なメディアで活躍している。

その他の病院リストはこちら

TOP