PMSとは?診断テストでわかる PMS対策キホンの予防 セルフ改善医療機関で行う 専門的なPMS治療PMS治療が受けられる 病院リスト【セキララ座談会】つらい生理前どうしてる?

漢方薬

体全体のバランスを整える漢方で根本治癒を目指す

低用量ピルなどのホルモン剤に抵抗を感じる方や、持病があってピルを服用できない方などにおすすめの治療法です。“気・血・水”という3つの要素を基本と考える東洋医学では、それらの巡りのバランスが崩れることで病気が起こるとしています。西洋医学的に見ると、“気”はエネルギー、“血”は血液、“水”はリンパ液やその他の体液が当てはまり、それぞれの巡りを漢方薬によって整えて、体全体の不調をなくしていく方法と言えます。

PMSの場合は、気・血・水のすべてに異常が見られ、体質に偏りがある方が多いので、それぞれの巡りを改善する漢方薬を組み合わせて処方します。

漢方治療の特徴や治療内容

弁証によって体質や問題点をチェック

漢方治療は、お腹を触る腹診や脈をみる脈診などをして、患者さんの体質や滞っている部分を見つける「弁証」から始まります。クリニックによっては、西洋医学的な検査機器を併用して検査することもあるそうです。最初の見立てによって、どんな漢方を処方すべきかが決まりますから、漢方治療における最も重要なポイントと言えます。

PMSに効果的な漢方薬の種類

クリニックで漢方治療を受ける場合、PMSなどの症状改善を目的として処方される薬は健康保険が適用となる薬から選択されるケースがほとんど。PMSや月経困難症などの婦人科疾患のためにブレンドされた薬が主に処方されます。

例えば、“気”を整えるための薬として「加味逍遥散」や「抑肝散」、“血”の巡りを促す「当帰芍薬散」や「桂枝茯苓丸」、水分の排出を促してむくみを取る「五苓散」や「柴苓湯」などが用いられるそうです。

効果が表れるまで長い目で治療を

効果が表れるまでに時間がかかる、というのが漢方薬に対する一般的なイメージ。確かに、西洋薬に比べると生薬の効き目は緩やかで、効果を実感するまでに長期間服用を続けなければなりません。しかし、症状を改善する即効性が期待できない代わりに、根本的な体質改善が期待できるのが漢方薬。長い目で見れば、PMSの症状が出ない身体へと変えることが可能である点は、漢方薬の最大のメリットです。

漢方治療を行っているクリニック

Kメディカルクリニック(漢方療法)

世田谷区にある『Kメディカルクリニック』は、漢方薬を使った東洋医学的治療と、西洋医学的な内科治療の両方が受けられるクリニック。一般的な内科的疾患の他、アレルギー疾患や糖尿病などの治療にも力を入れており、漢方治療は内科治療と並行して行われています。

西洋薬では作用が強すぎたり体質に合わないという患者さんに、保険適用の漢方薬による東洋医学的な治療を勧めているそうです。PMSの改善に有効な薬として、有名な婦人薬「加味逍遥散」や「当帰芍薬散」などを処方しています。

医療機関で行う専門的なPMS治療ドクターズサプリという選択
TOP