PMS対策・改善NaviTOP » PMSの症状を診断テストでセルフチェック! » PMSによる生理前の異常な食欲増加の原因と対策方法
PMSとは?診断テストでわかる PMS対策キホンの予防 セルフ改善医療機関で行う 専門的なPMS治療PMS治療が受けられる 病院リスト【セキララ座談会】つらい生理前どうしてる?

PMSによる生理前の異常な食欲増加の原因と対策方法

PMSによる食欲増加の原因と対策

生理前になると食欲が異常に増加してしまう人が、少なからずいます。その原因や対策を見ていきましょう。

食欲増加の原因

生理前に食欲が増す原因には、主に2つあります。1つ目が黄体ホルモン(プロゲステロン)の増加、2つ目がストレスです。

黄体ホルモン(プロゲステロン)の影響
生理前、女性の体は妊娠の準備をするために黄体ホルモン(プロゲステロン)を多く分泌させます。すると体は栄養を欲する状態へとなります。そのため、普段に比べて1~2割ほど食欲が増加すると言われています。

ストレスの影響
生理前は、PMSの様々な症状によってストレスが大きい時期。失恋した女性がストレスでドカ食いする、という話も聞きますが、ストレスは過食の大きな要因の一つです。特に炭水化物などの高カロリーなものを欲するようになると言われています。

食欲が増加したときの対策

生理前の食欲増加によって食べ過ぎてしまったとしても、よほど異常な食欲でもない限り、特に健康には影響がないかも知れません。しかし食べ過ぎにより体重が増加してしまっては、美容上の問題にもなるでしょう。生理前に食欲が増したときは、次の5つの対策を試してみてください。

間食する代わりに軽い食事をする
生理前に食欲が増加すると、つい甘いスナック菓子などを食べてしまいがちです。これら間食にはハイカロリーのものが多いので、避けたほうが良いでしょう。

1日3回の食事を1日5~6回にし、それぞれの量を減らしてみてください。甘いスナック菓子やケーキ、アイスなどを食べるよりも、総摂取カロリーが減るはずです。

ビタミンB6を含む食材を摂る
生理前は、女性ホルモン・エストロゲンがビタミンB6を大量に消費します。ビタミンB6が減ると、頭痛やイライラ、倦怠感などのPMSの症状が悪化すると言われています。PMSの諸症状へのストレスが過食の原因にもなるので、不足しがちなビタミンB6を積極的に摂取することが大切です。大豆、鶏肉、レバー、バナナ、豆乳などを意識的に摂るようにしましょう。

血糖値の動きを緩やかにする食べ方をする
たくさん食べてしまうと、血糖値は急激に上がり、そして急激に下がります。急激に下がると空腹を感じてしまうため、また食べてしまいます。この悪循環を断ち切るには、血糖値の動きを緩やかにする食べ方をすることがポイント。緑黄色野菜など食物繊維が豊富な食材を最初に食べ、ある程度お腹を満たしたのちにメインディッシュへ入る、という順番が良いでしょう。

アロマの香りで食欲を抑える
食欲を抑えるアロマがあります。ダイエットなどでもよく利用されているグレープフルーツやネロリのアロマです。特にグレープフルーツアロマのダイエット効果は、一時話題にもなりました。お腹がすいたときに、ぜひ試してみてください。

間食したいときは低カロリーのものを
どうしても間食したいときには、低カロリーのものを選んでください。寒天ゼリーなど、なるべくダイエットに良いとされる間食をするよう心がけましょう。

PMSによる食欲不振の原因と対策

生理前に食欲が減退してしまう人もいるようです。その原因、対処法について見ていきましょう。

食欲不振の原因

PMSによる食欲不振の原因は、主に次の2つです。

プロスタグランジンの分泌による影響
生理前になると、子宮内膜からプロスタグランジンと呼ばれる生理活性物質が分泌されます。この物質には消化管を収縮させる働きがあることから、吐き気や食欲不振につながることがあります。

子宮によるお腹の圧迫
生理前になると子宮に血液が集まり、子宮は膨らみます。膨らんだ子宮がお腹を押してしまい、食欲が出なくなることがあります。

食欲が減退したときの対策

PMSによる食欲不振への対策としては、次の2つが有効と言われています。

消化の良いものを食べる
食欲がわかないとき、または吐き気などがするときに、無理に食べようとしなくても構いません。ただし最低限の栄養素やエネルギーは必要。お粥、うどん、スープなど食べやすくて消化の良いものを摂るようにしましょう。アイスなどの冷たい食べ物は、逆に消化を悪くするので要注意です。

漢方薬も有効
食欲不振に対する漢方薬の有効性が知られています。PMSが原因と主合われる食欲不振であることを医師に伝え、適切な漢方薬を処方してもらっても良いでしょう。

なお、PMSによる食欲不振を自覚した場合でも、貧血を抑えるための「鉄分」、生理痛を緩和するための「ビタミンE」、子宮の血行を良くするための「マグネシウム」は、意識的に摂取するようにしましょう。

手軽な対策としては「サプリ」もあり

PMSが原因の食欲不振なのであれば、PMS自体に効果が望めそうな成分を摂取するのも、改善の選択肢として考えられます。簡単に摂取するのであれば手軽なサプリがおすすめ。PMSの症状改善で考えるべきなのは「ホルモンバランス」。ホルモンを整える効果があるといわれているミネラルが含まれるサプリを探して試してみましょう。

サプリは価格も安いものが多く、購入できるお店も多いため、手軽に手に入りやすいのもメリット。決められた飲み方で飲むだけなので、面倒な生活改善の手間も軽減できます。

でも「どんな成分がホルモンに効果があるの?」と疑問に思ってしまいますよね。効果的な成分を調べて購入するのも良いのですが、「PMS改善のためのサプリ」も実は開発されているんです。サプリについて知りたい方や、成分について詳しく知りたい方に詳しい情報もまとめています。
サプリや有効成分について詳しく知りたい>>

PMS診断 PMS診断
TOP