PMSとは?診断テストでわかる PMS対策キホンの予防 セルフ改善医療機関で行う 専門的なPMS治療PMS治療が受けられる 病院リスト【セキララ座談会】つらい生理前どうしてる?

診断テストの結果1軽度PMS:生理前の頭痛・イライラの対策法

些細な症状でもメモに残しておく

軽度と診断された人は、生理前でも日常生活は問題なく過ごせると思います。今のうちに、より快適に生活できるよう心と体を整えるケアを心がけましょう。

PMSのレベルとしてはまだまだ軽度ですから、症状に気が付かず見過ごしていることもあるかもしれません。まずは、自分自身の体調やPMSの状態を把握するために、気になることがあったら手帳などにメモしておくと良いでしょう。症状とまでは言わなくとも「いつもと違うな…」と感じたことは、忘れないうちに記録しておくこと。例えば、「仕事で単純なミスをしてしまった」とか、「衝動買いしてしまった」など、些細な事だなと思ってもメモしておき、月経周期と重ねてみると、生理前に集中していることが分かったりします。

自分の症状をあらかじめ把握しておけば、対処方法を考えることができますね。

運動や休息でストレスフリーな生活を目指そう

月経前に体調の変化や精神的な波があるのは、女性なら誰でも同じ。重症になるかならないかは、その人の体質や生活環境など、個人的な要因によると考えられます。睡眠不足や過労、ストレスが重なるような生活は避け、適度な運動や趣味の時間を作ってリラックスして過ごせるように工夫してみましょう。

栄養バランスを考えて食事を摂ろう

ビタミンやミネラルが不足すると、ただでさえ起きやすい体調の乱れが大きくなり、精神的にも不安定になってしまうことがあります。朝食を抜いてコーヒーだけで済ませたり、食事代わりに菓子パンやスナックで空腹を紛らわす…といったことが続くと、PMSの症状がひどくなってしまうことも。PMSの症状を和らげると言われる、ビタミンAやビタミンE、ビタミンB群などのビタミン類や、鉄分、カルシウムなどを多く含む食品を、できるだけバランスよく摂取できる食事を心がけましょう。

足りない栄養は上質なサプリメントで補おう

食事から摂れる栄養だけでは、一日に必要なビタミンやミネラルを摂取することは難しいと言われています。そこで、特に必要な栄養素をサプリメントで補うことは、今や当たり前。スーパーやコンビニなどでもサプリメントが販売されていますし、毎日欠かさずに飲んでいる、という人も多いことでしょう。

しかし、カルシウムのサプリを飲んでいるからと言って、すべてのカルシウムが体へ確実に吸収されているわけではない、という事実を知っていますか?サプリメントを毎日飲んでいても、ほとんど吸収されずに体外へそのまま排出されてしまう成分も多いそう。健康への効果がしっかりと現れるかどうかは、サプリに含まれている有効成分の品質や、配合量によるところが大きいのです。

そこで、体への吸収率が高く、効果が現れやすいサプリメントの代表格として、ドクターズサプリがおすすめ。医師が自分の体調に合わせて処方してくれるサプリメントなので、体質の変化や気になる症状の緩和が期待できます。高品質の成分を配合し、安全に作られたサプリは、毎日安心して飲み続けられますね。
PMSの症状を緩和して、体質改善したいなら、ドクターズサプリを検討してみるとよいでしょう。

PMSの改善におすすめ!ドクターズサプリの詳細はこちらをチェック>>

医療機関で行う専門的なPMS治療ドクターズサプリという選択

PMS対策Navi厳選!PMSを治療できる専門クリニック

クリニック・ハイジーア

治療法の特徴

根本的な改善が望めるか

◎

安全性

◎

手軽さ

○

費用の目安

生化学検査料15,000円+初診料5,000円+治療用サプリメントの処方50,000円〜(1ヶ月)
※初診時、カウンセラーによるカウンセリング(60分)無料

行っている治療方法

栄養療法

血液検査や尿検査でPMSの原因を特定し、不足している栄養素を補うためのサプリメントを医師が処方します。サプリの服用と同時に食事や生活指導を受け、体質改善を行うことで、根本から症状を改善する治療法です。3ヶ月〜半年ほどで症状や体質に改善がみられるかどうかをチェックします。

クリニック・ハイジーア/秦俊昭 院長

引用元:クリニックハイジーア公式 HP
(http://pms-hygeia.jp/)

ドクターの紹介

クリニック・ハイジーア/秦俊昭 院長

防衛医科大学医学部1982年卒業。東京慈恵会医科大学医学研究科大学院修了。 防衛医科大学病院、自衛隊中央病院などを経て、 三宿病院産婦人科部長などを歴任し、 2013年より、クリニック・ハイジーア院長就任。日本産婦人科学会専門医。

渋谷文化村通りレディスクリニック

治療法の特徴

根本的な改善が望めるか

△

安全性

○

手軽さ

○

費用の目安

1回3,300円(初診・再診料は別途)

行っている治療方法

PMSレス注射

ビタミンBや必須アミノ酸などを配合した注射を、PMSの症状が激しいときに行います。1回の注射で症状緩和が期待でき、効果は3〜4日続くそうです。

渋谷文化村通りレディスクリニック/丸橋和子 院長

引用元:渋谷文化村通りレディスクリニック HP
(http://www.shibuya-bunkamuradori-ladies.jp/)

ドクターの紹介

渋谷文化村通りレディスクリニック/丸橋和子 院長

平成4年、香川医科大学卒業。産婦人科医として20年近く経験を積んだ後、平成25年より渋谷文化村通りレディスクリニックに勤務。平成27年11月より同院の院長に就任する。日本性感染症学会認定医、母体保護法指定医師。

成城松村クリニック

治療法の特徴

根本的な改善が望めるか

◎

安全性

◎

手軽さ

○

費用の目安

プラセンタ注射2アンプル2,000円~
栄養療法「栄養解析レポート」25,000円+サプリメント代

行っている治療方法

プラセンタ療法、栄養療法

プラセンタ注射を2アンプル2,000円〜で受ける治療法と、オーダーメイドのサプリメントによる栄養療法があります。プラセンタ注射は1回に2〜5アンプルを症状に応じた回数だけ注射します。栄養療法は、血液検査などで栄養状態をチェックし、足りない栄養素をサプリメントで補う方法です。

成城松村クリニック/松村圭子 院長

引用元:成城松村クリニック HP
(http://seijo-keikoclub.com/)

ドクターの紹介

成城松村クリニック/松村圭子 院長

1995年に広島大学医学部卒業後、広島大学医学部産科婦人科学教室に入局。2010年に成城松村クリニック開院する。女性の美容健康向け書籍の執筆や監修・女性向け携帯サイトへの出演など、様々なメディアで活躍している。

その他の病院リストはこちら

TOP