PMS対策・改善NaviTOP » 診断テストでわかる!あなたが今すべきPMS対策 » 【診断テストの結果3】社会生活に支障をきたすほど重症
PMSとは?診断テストでわかる PMS対策キホンの予防 セルフ改善医療機関で行う 専門的なPMS治療PMS治療が受けられる 病院リスト【セキララ座談会】つらい生理前どうしてる?

診断テストの結果3重度PMS:生活に支障が出るほどひどい症状

PMSは診療できます!早めにクリニックで診察を

身体的・精神的な症状が強く表れ、行動面でも生活に支障をきたす程の影響を受けている方は、できるだけ早く専門医を受診するのが賢明です。

以下では、重度のPMS患者さんの具体的な症状例を紹介していきます。「いつもの生理だし…」と思い込むのではなく、早めの診察を検討しましょう。また、クリニックではどのような治療を行うのかについても解説していきます。

注意すべきPMSの重症例

PMSの症状は様々ありますが、どのような症状の場合に特に注意すべきなのかをまとめてみましょう。PMSの重症例と言えるケースをいくつか紹介します。

20代
会社員

生理前の1〜2週間前から、睡眠薬を飲んだように眠くなる。朝から夜まで常に眠い状態で、仕事にも支障をきたすほど。さらに頭痛も1日中続いている。精神的には、うつ状態になったりパニックになったりを繰り返す。

20代
学生

月経前になると、絶望的な気持ちや、自己否定の感情が沸き上がって来る。消えてしまいたくなって部屋から出られない。人と合うことも難しくなる。

30代
会社員

生理が始まる1週間前くらいから、朝起きた時の倦怠感が強い。頭痛やむくみがひどく、ボーっとして仕事に集中できない。ミスを繰り返したり、物忘れが多くなって周囲に心配されることも。

40代
主婦

生理が近くなると、腰痛や胸の張りが強くなってすぐに分かる。特に乳房の張りがひどく、下着を付けるのも辛いほど。便秘やお腹の痛みもひどくなる時があり、寝込んでしまう日もある。

40代
パート勤務

夫に指摘されて気が付いたのだが、生理前になると暴力的な発言や行動が多くなる。夫や子供に無意識のうちにあたってしまっているようで、家庭内がギスギスした雰囲気になる。生理が始まって2日くらいで治まるので、人が変わったようだと言われる。

一刻も早く症状を和らげるために…まずクリニックへ

上記で紹介したような重症例は、仕事や家事、人間関係に支障をきたしてしまった、最も激しいPMSの症例です。特に重症化しやすいのは、抑うつ感情やイライラなどの精神的な症状が強いケースで、PMSの中でも特に月経前不快気分障害(PMDD)と呼ばれています。

このような激しい症状が表れている場合は、早めに婦人科や心療内科を受診しましょう。クリニックでは、月経前に減少する脳内の神経伝達物質・セロトニンを増やす作用がある抗うつ剤を処方されることが多いよう。抗うつ剤の服用によって、患者さんの約6割が精神的な苦痛が緩和したというデータも症状もあるそうです。

抗うつ剤で改善されないようなら、婦人科的な治療として低用量ピルを使ったホルモン療法が検討されます。いくつかの治療法を組み合わせて行うこともあるようです。

症状がつらい方は、まずクリニックで診てもらうのが安心です
PMS治療で評判のクリニックをこちらで厳選紹介しています>>

強い症状を出さないために…体質改善に取り組もう

症状が激しい時は、抗うつ剤や低用量ピルなどで症状を鎮める対症療法が選択されます。しかし、閉経まで同じような症状が続くとなると、本人や家族、周囲の人にとって負担となってしまうので、できるだけ早く症状を出さないような根本治療を行う必要があるでしょう。

根本治療とは、問題のある体質そのものを変える治療です。例えば、『クリニック・ハイジーア』など一部のクリニックで行っている栄養療法があります。

検査によって自分に足りない栄養素を分析し、適切な量を吸収できるようサプリメントを処方する方法です。合わせて食事や生活指導なども行い、体質やライフスタイルそのものを治療していくので、将来的には、薬を飲まなくても症状が出ないように改善することができます。

重度のPMS症状に悩まされている方は、こうした専門的な治療ができるクリニックの受診を検討してみてください。

医療機関で行う専門的なPMS治療ドクターズサプリという選択
TOP