PMS対策・改善NaviTOP » PMSの症状を診断テストでセルフチェック! » 生理と女性ホルモンの関係について知ろう
PMSとは?診断テストでわかる PMS対策キホンの予防 セルフ改善医療機関で行う 専門的なPMS治療PMS治療が受けられる 病院リスト【セキララ座談会】つらい生理前どうしてる?

生理と女性ホルモンの関係について知ろう

女性ホルモンには、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)の2種類があります。約4週間という生理周期の中で、女性の体内ではこれら2つの女性ホルモンのバランスが常に変動。変動の影響によって心身へ様々な影響を及ぼします。

このページでは、4週間の生理周期を「生理中」「排卵前の週」「排卵後の週」「生理前の週」の4段階に分け、それぞれの段階における女性ホルモンの状態、心身の状態などを解説。あわせて各段階における一言アドバイスも付しておきましたので、ぜひ参考にしてください。

【生理中】卵胞ホルモンも黄体ホルモンも少なめで安定

女性ホルモンの状態
生理中は、2つの女性ホルモンともに分泌量が少なめで安定しています。卵胞ホルモンの分泌が若干多い状態ですが、基本的には両方とも分泌量が少ない状態で平行線を描きます。

心身の状態
どんよりとした憂鬱感に包まれる週です。生理痛の強い人は、数日間ほど気分が落ち込むこともあるでしょう。普段よりも神経質になりがちで、特に臭いには敏感になります。

身体的には貧血症状やアレルギー、頭痛、吐き気、むくみなど様々な症状が見られます。黄体ホルモンの分泌量が少ないことが原因で、冷えを自覚する場合もあります。

一言アドバイス
生理中は、基本的に無理をしないでください。心身をゆっくりと休めることを第一に考えましょう。貧血や冷えを緩和させるため、入浴したりマッサージをしたり、また鉄分やたんぱく質を多めに摂取したりするよう心がけてください。

なお基礎体温を付け始めるのはこの時期です。生理初日からスタートし、生理の最終日まで毎日休まずに体温をチェックしましょう。

【排卵前の週】卵胞ホルモンが一気に上昇

女性ホルモンの状態
排卵前の一週間は、一気に卵胞ホルモンの分泌量が上昇。ピークを迎えたのち、今度は排卵に向けて一気に分泌量が減少します。一方黄体ホルモンについては、依然として分泌量が少ない状態。ただし排卵をまたいで徐々に分泌量が増加していきます。

心身の状態
気分が明るくなり、何事にも前向きになれる週です。精神的に安定するため、様々なことにチャレンジしたくなる週でもあります。4段階の生理リズムの中では、一番性欲が高まる時期でもあります。

身体また自律神経のバランスも整います。卵胞ホルモンの分泌量が増加することで肌にハリやツヤが出て、化粧ノリも良くなります。

一言アドバイス
心身共に安定しているため、転職や資格試験、転居など、大事なことを決断するには最適な時期です。将来的に必要なもの、不要なものを、一つ一つ冷静に考えましょう。

また体調が安定して排泄状態も良好なこの時期は、ダイエットをスタートさせるタイミングとしても適しているでしょう。筋トレや有酸素運動も採り入れた健康的なダイエットを実践してください。

【排卵後の週】卵胞ホルモンと黄体ホルモンが逆転

女性ホルモンの状態
排卵を境に、卵胞ホルモンと黄体ホルモンの分泌量が逆転します。卵胞ホルモンが激減し、一方で黄体ホルモンが急増。週の半ばくらいからは、両ホルモンが足並みをそろえて急降下していきます。

心身の状態
明るくなったり落ち込んだりと、感情の起伏が大きくなる週です。症状が著しい人の中には、人格的に二面性を呈する場合もあります。

身体的には、前週に比べて大きな変化は見られないものの、むくみ、腰痛、便秘などが起こりやすくなるとも言われています。また黄体ホルモン急増の影響で、下腹部に違和感や不快感が生じる場合もあります。

一言アドバイス

感情の起伏が激しいこの時期は、普段よりも判断力が鈍ります。仕事の効率も悪くなるため、無理に頑張ろうとせずに淡々と時間をやり過ごしてください。

またこの時期は、食べたものがそのまま脂肪になりやすいタイミングでもあります。糖質の摂取量には十分に注意してください。一方で、間もなくやってくる生理に備え、鉄分を中心としたミネラルを補給し始めましょう。

【生理前の週】卵胞ホルモンも黄体ホルモンも急降下

女性ホルモンの状態
前週を引き継ぐように、週の半ばくらいまでは卵胞ホルモンも黄体ホルモンも急降下。のち、両ホルモンともに分泌量の低い状態で安定していきます。

心身の状態

イライラしたり攻撃的になったり、憂鬱になったりする週です。心の不安定を落ち着けようと、無意識で過食に走ってしまうのもこの時期です。

生理による身体的な影響を最も受けやすいのは、この時期。むくみ、便秘、乳房の張り、腹痛、肩こり、睡眠障害など、人によって様々な身体症状を自覚します。血行不良により目の下にくまが生じる人も多く見られます。

一言アドバイス
人生における重大な決断は、このタイミングでは行わないでください。イライラした感情が背景にあると、判断を誤ってしまう可能性があるからです。次の生理が終わるまで、大きな決断は棚上げです。

またこの時期は、異常に食欲が増す時期。くれぐれも食べ過ぎには注意しましょう。あわせて肌の状態が過敏になる時期でもあるので、パーマやカラー、脱毛など肌に影響のあるオシャレは、しばらく控えるようにしてください。

女性ホルモンとサプリメントの関係

女性ホルモンは約1ヶ月の生理周期の期間で分泌バランスが変わります。 思春期から成熟期の間は比較的かるい体調不良で済むこともありますが、更年期に入ると体調不良とあわせてイライラやうつ病などが引き起こされる可能性も考えられます。 なるべく症状をおさえるためにも、あらかじめ自身の生理周期を把握した中で「サプリメント」を服用し、症状を抑えるという方法があります。
サプリメントを生理前に服用しておくことで、女性ホルモンのバランスを整え、症状を軽くする効果が期待できます。 PMS症状の改善が見られない場合は、日頃の食事とあわせてサプリメントを摂っていくことも一つの手です。

症状を軽くする効果に期待できるサプリメントはこちら>>

PMS診断 PMS診断
TOP