PMS対策・改善NaviTOP » PMSの症状を診断テストでセルフチェック! » PMSの症状「ほてり」の原因と対策方法
PMSとは?診断テストでわかる PMS対策キホンの予防 セルフ改善医療機関で行う 専門的なPMS治療PMS治療が受けられる 病院リスト【セキララ座談会】つらい生理前どうしてる?

PMSの症状「ほてり」の原因と対策方法

生理前になると女性はさまざまな身体症状・精神症状があらわれます。これらの女性ホルモンの乱れによる生理前の不調を月経前症候群(PMS)といい、何もしていないのに体がのぼせたり、ほてったりという症状があります。
ここでは「ほてり」や「のぼせ」のメカニズムや対策方法を説明していきます。

月経前症候群の症状の一つとして捉えよう

月経前症候群には身体症状と精神症状があらわれます。

身体症状:乳房のハリ・頭痛・腰痛・下腹部痛・頭重感・倦怠感・のぼせ・ほてりなど

精神症状:イライラ・憂鬱・怒りっぽい・泣きたくなる・情緒不安定など

PMSのほてり症状
PMSによるほてりの症状として、大量の発汗や動悸・めまいと顔や上半身の熱感などが挙げられます。頭がボーッとしてすっきりしないなども症状のひとつです。

お風呂や運動などしていないのに、いきなり日常生活であらわれるのぼせやほてりがPSM症状だと考えられます。

ほてりのメカニズムについて

女性ホルモンの乱れ

生理前約2週間から生理中は女性ホルモンである「エストロゲン」や「プロゲステロン」の分泌量が変動し、ホルモンバランスが乱れる時期です。

これらのエストロゲン(卵巣ホルモン)やプロゲステロン(黄体ホルモン)は視床下部から下垂体を通じて卵巣で分泌されます。脳の視床下部には自律神経があり、生理前はその自律神経のバランスも崩れやすくなるため、のぼせやほてりという症状がでます。 症状がひどいケースでは発熱して寝込むこともあります。

低温期と高温期

生理周期は基礎体温により低温期と高温期のふたつに分けられ、低温期は生理開始日~排卵日、高温期は排卵日から生理開始日となります。

高温期は低温期に比べ体温が2度ほど高くなるので、ほてりやのぼせなどの症状を自覚していなくて身体は体温が高い状態になっています。

プロゲステロン(黄体ホルモン)が妊娠に備え、子宮内膜を柔らかくするために体温を上げているからです。

のぼせやほてりの対策や改善策

冷やすことも効果的

のぼせの場合
のぼせの症状が出たときは太い血管がある首筋(頸動脈)を中心に冷たいタオルで頭や顔を冷やします。もしこのときにめまいがあれば無理に動かないで安静にしてください。

ほてりの場合
ほてりは体全体に感じることから、のぼせのように冷やすことが難しいです。ほてり症状が出たときに、自分自身で温度調節が出来るようにカーディガンを羽織るなど服装に工夫しておくことが大切です。ほてりを感じたらすぐに冷たい飲み物を摂取し、涼しい場所へ移動すると緩和されます。

その他のよくある症状を改善する方法

むくみを改善するには
体がむくんでしまうとのぼせやすくなるので、むくみの原因となる塩分摂取を控え、カフェインやアルコールも控えるようにしてください。

甘いものを控える
PMS期はホルモンバランスの乱れから過食気味になり、甘いものを食べたくなることが多くなります。甘いもの(白砂糖)は身体の冷えを促してしまいますので、生理前のイライラやストレスもありますが、なるべく甘いものは避けてください。

体を冷やさない
ほてっているので体を冷やすほうが良いと考えてしまいそうですが、冷えはPMSを悪化させる可能性があります。特にお腹、腰、足さき、ふくらはぎなどの冷えやすい部分は冷やさないようにしてください。

半身浴をする

「冷えた体を温めたい」と考え、熱いお湯に入ることは逆効果です。入浴の際はぬるめのお湯に半身浴でゆっくりと浸かって温まるようにしましょう。

運動を取り入れる
運動不足になると基礎代謝量が低下しPMSがひどくなる可能性があります。自律神経のバランスを日常的に保つためにも日頃から適度な運動を心がけてください。生理前の体がだるい時期でも全く運動しなければむくみやすくなり、ほてりやのぼせの症状が表れる可能性が高まります。軽いウォーキングなど体を動かすようにしましょう。

マッサージやアロマを活用する
首や肩・背中全体・腰まわりや脚を中心にマッサージすることによって、リンパや血の巡りが改善されます。また、アロマの香りは自律神経を整え、PMSや更年期障害などのホルモンの乱れからくる症状を緩和する働きがあります。

ホルモンバランスを整えてPMSを改善!

PMSは、ホルモンバランスの乱れが原因で起こる症状。そのため、ホルモンバランスを整えるのが何よりも大切です。「このほてりはPMS?」と感じたら、まずはホルモンバランスを整えることから始めてみましょう。

例えば、ホルモンバランスを整える成分を摂取するのもその一つ。こちらでは、そういった成分や摂取方法について紹介しています。

そのほてりはPMS?ホルモンバランスを整える成分はこちら>>

PMSと更年期障害は間違いやすい

更年期障害の女性にはのぼせる・汗が出る・ほてる(ホットフラッシュ)という症状があらわれます。同じような症状がでることから更年期障害とPMSとの判断が難しい場合があります。

更年期障害は一般的に45歳から55歳くらいに起こりますが、若年性更年期障害(プレ更年期)は30代後半~40代前半に起こります。

素人では判断ができないため、更年期障害やPMSを疑うときには婦人科やレディースクリニックを受診してください。治療法として、ホルモン補充療法や漢方療法・栄養療法などがあります。

早めの対処を!

熱っぽくだるい・腰が重い・顔や体がほてってのぼせるなどは、生理前のホルモンバランスの乱れから起こる月経前症候群(PMS)の症状です。これらのつらい症状を緩和するために、できそうなことからでいいのでご自身で対処を行なってみてください。

PMSを緩和する自分なりの体調管理や生活習慣の改善を心がけてみてはいかがでしょうか。

症状がつらい方は、まずクリニックで診てもらうのが安心です
PMS治療で評判のクリニックをこちらで厳選紹介しています>>

PMS診断 PMS診断
TOP