PMSとは?診断テストでわかる PMS対策キホンの予防 セルフ改善医療機関で行う 専門的なPMS治療PMS治療が受けられる 病院リスト【セキララ座談会】つらい生理前どうしてる?

PMSの症状「太る」原因と対処法

ダイエットなどで努力しているのに、なぜか体重が減らないという人はいませんか?
女性にとって太ることはつらく、ストレスの原因となるかもしれません。
実はPMS(月経前症候群)が原因で体重増加につながっていることもあります。
ここでは、生理前に体重が増えて悩んでいる女性のために、PMSで太る仕組みや予防法についてまとめています。

メカニズムを知る

PMSとは「Premenstrual Syndrome(月経前症候群)」の略で、生理前にあらわれる身体やこころの不調のことを指します。

PMSは生理前に起こるホルモンバランスの乱れが原因です。

PMS期には妊娠に備えて、黄体ホルモン(プロゲステロン)が多く分泌され栄養や水分を身体に蓄えようとします。この黄体ホルモンの働きが生理前のむくみの原因であり、PMS期に体重が増えることは自然な身体のメカニズムです。

つまり「体脂肪」が増えているわけではなく、「水分量」が増えているだけなので太ったわけではありません。

PMS期に太る理由3つ

生理開始5日前から1週間前に太りやすい時期に入ります。

個人差はありますが、特に生理開始日3日前から食欲が止まらなくなるとされています。

「1」PMSによる食欲増進
生理前に分泌される黄体ホルモン(プロゲステロン)の影響で血糖値が下がり、その血糖値を安定させるために脳からアドレナリンという物質が分泌され、食欲旺盛になります。

2.PMS期のイライラによる過食
PMS期には血糖値を下げる働きを持つインスリンという物質量が低下するため、インスリンを増やそうとカラダが甘いものを欲します。しかしインスリンが急激に分泌されることで、太りやすくなってしまいます。

「3」ホルモンによる水太り
生理前(黄体期)の黄体ホルモンによる作用で身体に水分を溜め込んでしまい、一時的に太ったように感じます。身体に溜め込む水分量は個人差もありますが約2000nlにも及び、1~3キロ前後の体重増加も考えられます。

健康的な生活で対策していこう

健康的な食生活を!

「1」トリプトファン(たんぱく質)を積極的に摂取する
生理前にイライラする原因は神経伝達物質である「セロとニン」が不足することにあります。セロトニンの原料であるたんぱく質の一種「トリプトファン」を意識的に摂取することでPMS症状や生理前の体重増加を抑制することができます。トリプトファンは卵・豆乳・ささみ・ヨーグルトなどに多く含まれています。

「2」軽い運動をする
軽いウォーキングやジョギングは血行を良くし、イライラ解消にも役立ちます。生理前にカラダがだるくて体調がすぐれないという場合は、ヨガやストレッチをするだけでも改善されます。

食物繊維で便秘を解消する
便秘は身体にストレスを与えます。健康的に便秘を解消するには食物繊維の多い食事を摂ることが大切です。玄米、昆布、サツマイモなども効果的で、バナナやリンゴなども食物繊維が多く手軽に摂取できます。

「3」水太りを解消する
水太りには利尿作用のある食物の摂取が効果的です。カリウムを多く含む食材には利尿作用がありますので積極的に食べましょう。昆布やワカメ・ひじきなどの海藻類、キュウリなどが効果的です。

ぬるめのお湯につかる
体内の水分量が増え、カラダが冷えやすくなります。PMS悪化の原因にもなるので、寝る前にぬるめのお湯にゆっくりつかってリラックスしましょう。イライラも軽減されます。

ドクターズサプリによる対策

成分の含有量や吸収率などの品質も高く、製造方法も安全
ホルモンのバランスを整えることがPMSの抑制に効果的。生活習慣の改善で改善が見込める一方、有効成分の積極的な摂取法のひとつとて、ドクターズサプリがあります。医師が体質や栄養状態をチェックした上で処方されるため気軽に服用することはできませんが、必要とされる栄養成分を確実に摂取できるため、食生活や軽い運動とともに併用することで、よりホルモンのバランスを整えることが期待できます。

ホルモンバランスを整えるドクターズサプリの詳細はこちら>>

 

PMS期での無理なダイエットは禁物

女性の身体のサイクルには太りやすい時期もあれば、痩せやすい時期もあります。

その痩せやすい時期を知り、上手に活用していくと効率よく体重を落とすこともできます。

カフェインに注意して

眠気や食欲を抑えられるとして、カフェインの過剰摂取にも気を付けてください。カフェインには血管壁を収縮させ、PMSだけでなく生理痛も悪化させてしまいます。

痩せやすい時期
痩せやすい時期とは、生理周期が28日の場合、生理開始日から6日目~14日目くらいをいいます。生理が終わり、1週間~10日間の間に「卵胞ホルモン」という女性ホルモンが分泌され、14日目の排卵日の頃、「排卵期」がピークになります。卵胞ホルモンは皮膚の血流を促して肌の調子や自律神経を整えたり、女性らしいカラダをつくったり私たちのカラダにはたらきかけています。この時期に代謝が一番よくなり、運動や食事制限などによる脂肪燃焼の効果があらわれやすくなります。つまりダイエットに適した時期だといえるのです。

PMS診断 PMS診断
TOP