PMS対策・改善NaviTOP » PMSの症状を診断テストでセルフチェック! » 不正出血はPMS?他の病気かも!?原因と考えられる異常について
PMSとは?診断テストでわかる PMS対策キホンの予防 セルフ改善医療機関で行う 専門的なPMS治療PMS治療が受けられる 病院リスト【セキララ座談会】つらい生理前どうしてる?

不正出血はPMS?他の病気かも!?原因と考えられる異常について

不正出血になって心配

不正出血とは、生理の時以外に性器から出血が起こる症状のことを言います。正常な生理の場合、周期は25日から38日前後で出血は7日程度起こるとされています。
この周期以外で出血をした場合や、生理が終わるはずなのにいつまでも血が止まらない場合は不正出血とみなされます。

出血の量は、おりものが薄ピンクになる程度の少量から、貧血を起こすような大量出血まで症状によって様々です。デリケートな女性の身体は少しの変化で不正出血を起こすことがありますが、自己判断で放置してしまうと隠れていた重篤な病気を見逃してしまう危険性があるので注意しましょう。

原因は何があるの?

ホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランスの乱れによって引き起こされる不正出血は「機能性出血」と呼ばれます。

女性の体内では約1カ月のスパンで「エストロゲン」と「プロゲステロン」という2つの女性ホルモンが交互に分泌量を増やしています。
排卵期に増えるエストロゲンと、排卵後から生理期間までに増えるプロゲステロンは子宮内膜の厚さを作ったり状態を安定させたりする大切な役目を担っているのです。

しかし、ホルモンバランスが乱れてしまうと、2つのホルモンの分泌が正しく行われなくなってしまう場合があります。
すると、子宮内膜の状態が悪くなり、本来剥がれ落ちるべき生理期間ではないのに子宮内膜の一部がはがれ排出されてしまい、不正出血の原因となるのです。

ストレス・精神的なもの

日常生活でストレスや疲労感を強く感じてる場合、精神的な疲弊から不正出血が起こる場合もあります。
女性の身体は精神的な意識と強くリンクしているため、ストレスを蓄積させるとホルモンの分泌に異常が出てしまうのです。

原因不明な不正出血が起こった場合には、日々の生活で精神的に疲れていないか、ストレスとなる原因がないかを思い返してみましょう。

妊娠

妊娠の際にも不正出血が起こる可能性があります。この不正出血は「着床出血」と呼ばれ、症状が起こる確率は50人に1人程度と言われています。

受精卵が子宮に着床する際、子宮内には絨毛(じゅうもう)と呼ばれる組織が形成されます。密集した糸状の絨毛と呼ばれるこの細胞が、時に子宮壁を傷つけてしまうことがあり、その時に起こる軽い出血が不正出血の原因となります。

婦人病疾患

デリケートで複雑な女性器の疾患は、時に不正出血によって病気のサインを送ることがあります。しかし、デリケートゾーンの病気は、受診に躊躇(ちゅうちょ)わせ、放置してしまう女性も少なくありません。

卵巣や子宮などでがんや炎症、腫瘍が発症しているときにおこる不正出血は、放っておくと命にかかわる危険性もあります。どんな病気が原因で不正出血が起こったのかは実際に診断してみなければわかりません。
しかし、早期発見できれば、完治する病気がほとんどなので気になる不正出血が発生したら、すぐに婦人科の受診に行くことをおすすめします。

性病

性病が原因の不正出血は、炎症を起こした女性器内部が悪化し、傷が進行することで起こります。痛みを伴う場合もあり、性病にかかった場合はとにかく早急な処置が必要となります。代表的な性病は、カビ菌の一種が膣内に侵入し繁殖するカンジタやトリコモナスという寄生虫が膣内に寄生し炎症を起こす病気などが挙げられます。

出血の種類とは

ホルモンバランスの乱れによる「機能性出血」

ホルモンバランスが乱れることによって起こる不正出血は、機能性出血と呼ばれています。
機能性出血は、生理周期以外での不規則な出血以外にも様々な形で現れます。 例えば生理が終わるはずの日数を超えても、だらだらと出血が続く場合や、生理周期自体が短くなり出血が増えたりする場合など、「出血の種類は一概にこれが原因である」とは言えないのです。
自己判断で機能性出血だと思っていると、重篤な病気の発見が遅れる危険性もあります。不正出血が続くときは早めに婦人科の診察を受けるようにしましょう。

婦人病疾患による「器質性出血」

「器質性出血」とは、婦人病疾患による不正出血の総称です。 一口に婦人病と言っても、子宮筋腫などの良性腫瘍によるもの、子宮頸がんなど悪性腫瘍が原因のもの、子宮や膣が傷ついたことによる外傷などその要因は様々です。そのため、出血の仕方もそれぞれの病気や進行度合いによって変化していきます。

その中でも、激しい痛みを伴う不正出血は症状が悪化しているサインの場合が多いので、すぐに適切な処置を行いましょう。

妊娠による不正出血「着床出血」

着床出血は、生理予定日の数日から1週間前くらいの時期に起こることが一般的です。約1日から長くて3日程度収まることが多いのですが、絨毛による傷の深さによっては1週間程度長びくケースもあります。

元々生理不順で生理期間が安定しない人は、妊娠による着床出血なのか、他の原因による不正出血なのかを見分けずらい傾向にあります。

排卵期に起こる「排卵出血」

排卵出血とは、排卵期の前後に起こる不正出血のことを指します。

排卵とは卵巣から卵管へ卵子が移動することで、この時に卵巣の表面が破れることで出血が起こる場合があるのです。また、排卵期前後は女性ホルモンのバランスが崩れやすく、脆くなった内膜が剥がれ落ち出血につながる場合もあります。

症状を改善するには

身体を冷やさないようにする

冷えも不正出血を悪化させることがあります。体が冷えていると血の巡りが悪くなり、筋肉の動きも悪くなることで卵巣や子宮の動きが停滞してしまうことがあります。
身体を暖めて血行を良くすることで不正出血の改善が促される可能性があります。冷え性の方は下腹部にカイロを貼って温めてみてください。
下腹部には丹田というツボがあり、冷え性の改善を促すツボと言われています。

栄養バランスの整った食事を心がける

バランスの取れた食事も女性の身体を健康に保ち、ホルモンバランスを整える大切なポイントです。
全体的な栄養バランスはもちろんですが、ホルモンバランスの安定に効果的な栄養素は特に積極的に摂取しましょう。
中でも、女性ホルモンに似た働きをする大豆イソフラボンや、エストロゲンの代謝を助けるビタミンB6、ホルモン分泌を安定させるビタミンEなどが含まれた食品がおすすめです。

睡眠不足を解消し上質な睡眠を取るようにする

睡眠不足も女性の身体に様々なトラブルを引き起こす原因となります。ホルモンバランスの乱れは、不正出血や生理不順だけではなく、肌や髪を傷めたり消化器系のトラブルを引き起こすこともあります。

多忙な毎日では十分な睡眠時間を取れない、という方もいるかとは思いますが、成長ホルモンが活発に分泌される22時頃から深夜2時はなるべく良質な睡眠を取るようにしましょう。睡眠のゴールデンタイムと呼ばれるこの時間にゆっくり休むことで、体内時計を整え生活リズムを安定させ、身体のストレスを緩和させることができます。

ストレスをため込まない

女性の身体にとって、一番の敵はストレスによる精神的負担です。自分ではストレスを感じても気にしないつもりでも、女性のデリケートな身体には大きな影響を与えてしまいます。
仕事や私生活でイライラしたり、ストレスがかかっているなと感じた時には適度な休息を取り、思い切りリフレッシュする時間を作りましょう。

ホルモンバランスの改善には婦人科の受診を

生活習慣や生活リズムの改善、ストレスの緩和はホルモンバランスを整えるのにとても効果的です。しかし、やはり自己判断だけでの処置では限界があります。
何をやっても不正出血が止まらない、という場合には婦人科に行って女性ホルモンの検査や治療を行うことをおすすめします。

婦人科ではホルモン検査を行うことにより、女性ホルモンの量やバランスを数値化して診察してもらえます。
その上で、生活改善指導から投薬・注射などの治療までプロの目で見たホルモンバランス改善方法を提案してくれるので、より早く不正出血を止める近道となるでしょう。

「まずはサプリ」という選択肢も

PMSの症状改善のキーポイントは「ホルモンバランス」。上記のように日頃の生活を改める手段もありますが、ホルモンバランスに効果があるといわれているミネラルを含んだサプリメントを試してみるのも良いかもしれません。

サプリなら比較的安価に手に入りやすく、コンビニやスーパーなど購入しやすいというメリットがあります。また1日決められた容量を摂取すればいいのでお手軽です。

でも「どんな成分がホルモンに効果があるの?」と疑問に思ってしまいますよね。効果的な成分を調べて購入するのも良いのですが、「PMS改善のためのサプリ」も実は開発されているんです。サプリについて知りたい方や、成分について詳しく知りたい方に詳しい情報もまとめています。
PMS対策のサプリや成分についてもっと詳しく>>

考えられる他の病気まとめ

婦人科の病気かも?

膣炎

膣の組織が炎症を起こし、赤く腫れ、かゆみや痛みを感じる炎症が膣炎という病気です。原因は様々ですが、多くの場合、性交渉によって細菌・カビに感染してしまうことにより発症します。
膣炎を発症させる菌やカビ、寄生虫は色々な種類があります。細菌性膣炎の場合、生臭い悪臭を放ち水っぽいおりものが発生します。

クラミジアに感染した場合には、悪化すると不正出血以外にも悪臭や激しい腹痛を発症することもあります。
臭いとおりものの異常を感じたら膣炎の発症を疑いましょう。

子宮筋腫

子宮筋腫は、子宮の筋肉部分にできる良性腫瘍です。腫瘍自体は悪性のガンなどとは違い身体に害を及ぼすことはありません。しかし、腫瘍の大きさや場所によって臓器の圧迫や不妊なのどの症状を発生させる場合があります。
子宮筋腫の初期症状に多い症状に、過多月経と呼ばれるものがあります。月経の出血量が増したり、月経がいつもより長く続くと言った症状を感じたら婦人科での検査をおすすめします。

子宮頸がん

子宮と膣につながる子宮頸部にできるがんが子宮頸がんです。これはヒトパピローマというウイルスに感染することによって発症する病気で、性交渉のある女性の約半数がこのウイルスに感染したことがあるといわれています。
本来は自然排除されるウイルスなのですが、ごくまれに体内に留まり子宮頸がんの原因となってしまうのです。

子宮頸がんの発症は20代後半から増え始め30代後半がピークと言われています。早期発見によって完治も可能ながんですが、初期症状が出にくいことも特徴なので定期的な検査をおすすめします。

頸管ポリープ

頸管ポリープも良性腫瘍の一種で、子宮頸管の上皮細胞が増殖することで形成される病気です。
がん化することは稀で放置していても問題ない場合がほとんどですが、妊娠を希望する女性の場合は切除をすすめられることが多いでしょう。
症状が非常に出にくく痛みもないため、自分で気づくことがあまりなく妊娠検診で発覚することもあります。

卵巣機能不全

卵巣機能不全とは、ホルモンのバランスが乱れることによって月経や排卵に障害が引き起こされる状態のことをいいます。
卵巣機能不全になると生理周期が乱れる生理不順や、出血が長く続く「過長月経」などの症状が発生します。
さらに悪化すると90日以上生理が来ない無月経などの症状も現れ、妊娠に大きな影響を与える危険性があります。

子宮膣部びらん

"びらん"と聞くと荒れてただれている状態だと思う方も多いでしょう。
しかし、子宮膣部びらんとは子宮膣部がただれているように見える症状の病気です。
女性ホルモンの一種「エストロゲン」が分泌されると、子宮が刺激され子宮頸管の腺上皮と呼ばれる部分が外側にめくれ、まるでただれているような見た目になってしまいます。

閉経に向かって女性ホルモンが減少していくにしたがって収まっていく症状ですが、びらん部分は感染症や刺激に弱くなっているので、症状が現れた時には病院での治療が必要となります。

子宮内膜症

子宮内膜は本来子宮内に作られる組織ですが、子宮内膜症になると子宮外に内膜を形成してしまいます。子宮内膜は本来なら生理の時に剥がれ落ちて排出されるはずですが、子宮外にできた内膜は剥がれ落ちても出口が無いので体内に留まり、他臓器と癒着し様々な症状を引き起こしてしまうのです。

初期症状が起こりにくく、最初は発症に気づかないのですが生理を重ねるたびに生理痛が酷くなり、日常生活に支障をきたすレベルになっていきます。

身体のサインを見逃さないで!

悩む女性

このように、不正出血にはホルモンバランスの乱れによるものから重大な婦人病によるものまで様々な原因が隠れています。
出血が少なかったり、数回で出血が収まったからと言って自己判断で放置していると本来なら簡単に治るはずの病気も悪化してしまうかもしれません。

不正出血は女性の身体が異変を知らせてくれる大切なサイン。気になる出血があったら、なるべく早く婦人科に行って医師の判断を仰ぎましょう。

PMS診断 PMS診断
TOP