PMS対策・改善NaviTOP » PMSの症状を診断テストでセルフチェック! » 妊娠できない原因は月経前症候群にあった?
PMSとは?診断テストでわかる PMS対策キホンの予防 セルフ改善医療機関で行う 専門的なPMS治療PMS治療が受けられる 病院リスト【セキララ座談会】つらい生理前どうしてる?

妊娠できない原因は月経前症候群にあった?

月経前症候群と不妊は関連がある

閉経前の女性のうち約50~80%の人が抱えていると言われる月経前症候群。心身の不調が一気に襲ってくる月経前症候群ですが、一定の時期を過ぎれば症状が治まるため、その時期さえ我慢すれば良いとやり過ごしている人も多いことでしょう。

ところが最近、月経前症候群は不妊の原因にもなるとの噂が流れています。月経前症候群が原因で妊娠ができないとすれば、それは女性にとって穏やかな話ではありません。赤ちゃんが欲しい夫婦にとっては、早急に改善しなければならない問題となるでしょう。

月経前症候群が不妊の原因になるという噂は、実は軽視できない噂であると言わざるを得ません。結論から言うと、月経前症候群が不妊の直接的な原因になることはありませんが、ただ両者には「関連がある」ということだけは言えます。

その理由が、月経前症候群の女性は多嚢胞性卵巣症候群を合併することがある、ということ。多嚢胞性卵巣症候群とは典型的な不妊原因の一つで、治療法も確立された病気です。ただ女性本人が多嚢胞性卵巣症候群を患っていることを自覚し、かつ治療を受けない限り、妊娠を困難にすることもある病気でもあります。

最近の研究で、月経前症候群を発症しやすい人は多嚢胞性卵巣症候群になりやすいということが分かってきました。

多嚢胞性卵巣症候群とは

多嚢胞性卵巣症候群とは、卵巣の中に卵胞がたくさん作られてしまい排卵が起こりにくくなる病気のことです。排卵障害の一つとされています。

排卵される前の卵細胞は、卵胞と呼ばれる袋の中に入った状態で成長します。やがて卵胞が2cmくらいまで成長すると卵胞が破裂。中に入っていた卵細胞が外へと排出されます。これが排卵の仕組みです。

通常、卵細胞の入った卵胞は、月に1個しか作られません。ところが何らかの異常によって、卵巣内にたくさんの卵胞が作られることがあります。卵胞がたくさん作られると、排卵がスムーズに行なわれません。この状態のことを多嚢胞性卵巣症候群と言います。

多嚢胞性卵巣症候群によって発症する症状には様々なものがあります。月経不順や無月経、男性ホルモンの増加による声の低音化・髭の発生などです。そしてさらに代表的な症状の一つに、不妊があります。

多嚢胞性卵巣症候群の確実な治療法は、まだ解明されていません。ただ症状自体は重篤なものではないので、たとえ医師から多嚢胞性卵巣症候群と告げられても、深刻になる必要はありません。

ただし、妊娠を望む女性の場合は別です。多嚢胞性卵巣症候群を患いながら、かつ妊娠を望むのであれば、適切な不妊治療をすることが必要です。

なお、不妊の原因の実に20%は、この多嚢胞性卵巣症候群と言われています。

月経前症候群と多嚢胞性卵巣症候群との関係

月経前症候群を発症すると、様々な体調不良を自覚します。それら体調不良の原因の一つに、低血糖があります。冷えや吐き気、不安感など、月経前症候群によく見られる症状の原因は、低血糖にあります。

通常、人の体は低血糖になると自律神経や各種ホルモンの働きによって、適正な血糖値に戻るよう促されます。ところが月経前症候群を発症している人の中には、なかなか低血糖を克服できない人も少なくありません。

低血糖が克服できないということは、端的に言えば、自律神経や各種ホルモンのバランスが乱れているということです。自律神経や各種ホルモンのバランスが乱れていると、関連して女性ホルモンの乱れを誘発。女性ホルモンの乱れは様々な不調をもたらしますが、その一つに多嚢胞性卵巣症候群の発症がある、とされています。

月経前症候群が、妊娠できないことの直接の原因になるわけではありません。ただ、月経前症候群を発症する体質は女性ホルモンバランスの乱れを招くことがあるため、結果として多嚢胞性卵巣症候群を発症して不妊に至ることがある、ということなのです。

なかなか妊娠できない方へ

妊娠を望んでいるにも関わらず、なかなか妊娠に至らない夫婦も少なくないでしょう。クリニックで診断してもらえば原因が明らかになるわけですが、その一歩が踏み出せずにいる女性もいるかと思います。

妊娠できない理由は、もしかすると多嚢胞性卵巣症候群かもしれません。月経前症候群を発症し、なおかつ冷えや吐き気、不安感などを自覚している方は、血糖値をコントロールするシステムが乱れ、多嚢胞性卵巣症候群を抱えている可能性もあります。

不妊治療は、早ければ早いほど成功率が上がり、なおかつ費用も抑えられます。月経前症候群の症状に心当たりがある方は、一度クリニックで妊娠しない原因を精密に検査してもらったほうが良いでしょう。

なかなか妊娠できない方へ

月経前症候群が直接の原因になるわけではないですが、用心に越したことはありません。少しでも怪しいなと感じる症状が出たら対策しておくことが安心です。

月経前症候群にはホルモンバランスの乱れが関わってきます。つまり、ホルモンバランスを整えることで月経前症候群を予防することができるのです。

ここでは、手軽にホルモンバランスを整える方法として、効果が期待できる成分と摂取方法について紹介しています。サプリメントで摂取するとより手軽ですので、是非チェックしてみてくださいね。
ホルモンバランスを手軽に整える!成分&サプリメント特集

PMS診断 PMS診断
TOP