PMS対策・改善NaviTOP » PMSの症状を診断テストでセルフチェック! » PMSになると寝汗をかきやすくなる?
PMSとは?診断テストでわかる PMS対策キホンの予防 セルフ改善医療機関で行う 専門的なPMS治療PMS治療が受けられる 病院リスト【セキララ座談会】つらい生理前どうしてる?

PMSになると寝汗をかきやすくなる?

PMSになると起こるさまざまな身体の不調の中には、「大量に寝汗がでる」という症状があります。生理前、目覚めたときにシーツや服が濡れていてビックリした経験のある人も多いのではないでしょうか?まずは焦らずに、症状をチェックして対策をすることが大切です。

こちらのページでは、寝汗とPMSの関係について紹介しています。症状や原因、対策について説明しているので、一緒に確認していきましょう。

寝汗とPMSの関係

生理前は体温が上がりやすく、寝ている間いつもより大量の汗をかくという症状があらわれることがあります。ベタベタとした不快感でぐっすり眠れず悩んだ経験のある女性も多いのでは?生理前に寝汗が多くなる症状もPMSの症状の1つだと言われています。

普通の人でも睡眠時にはコップ一杯分の汗をかきますが、PMSによる寝汗は量が多め。パジャマや寝具がぐっしょりするほど大量の汗をかきます。普段よりも寝汗が多い場合は、PMSが関係しているかもしれません。

PMSによる寝汗の特徴は室温に関係なく症状があらわれることです。冬でも大量の汗をかくので、寝ている間に汗が冷えて寝起きにひどい寒さを感じるケースも。身体が冷えることでさらにPMSを悪化させる可能性があるため対策が必要です。

PMSによる寝汗の原因

ホルモンバランスの乱れ
通常よりも多くの寝汗をかく原因は、「ホルモンバランスの乱れ」。PMSになるとプロゲステロンという女性ホルモンの影響で体温が上昇するため、寝汗が出やすくなります。

もともと生理前はホルモンバランスが崩れやすい時期。PMSでなくても寝汗の量が増えることはあります。しかし、ベッドやパジャマがぐっしょりと濡れるほど寝汗をかいていたら、PMSである可能性が高いでしょう。

自律神経の乱れ
自律神経が乱れていると、汗を分泌する汗腺が敏感に反応するため、汗がでやすくなります。自律神経のバランスを崩す原因は蓄積したストレス。PMSの人はストレスを溜め込みやすいため、自律神経のトラブルが起こりやすくなるのです。

PMSによる寝汗の対策

ベッドにタオルケットを敷く
タオルケットが汗を吸い取ってくれるので、寝汗の不快感が和らぎます。簡単にできる寝汗対策です。基礎体温を記録するようにし、いつもより体温が0.3~0.6度高くなる高温期を把握しておくと対策しやすくなるでしょう。万が一パジャマや寝具が寝汗で濡れてしまったら、すぐに汗を拭いて新しいものと交換し、身体を冷やさないように注意してください。

ストレスをためない
自律神経が乱れると身体に変化や不調をもたらすので、寝汗が悪化する可能性があります。寝る前にクラシック音楽を聴くとリラックスできるうえにぐっすりと寝られるようになりますよ。

漢方薬を飲む
漢方を飲むと、寝汗をなるべくかかないような体質になることが可能です。とくに桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)という漢方が寝汗に効果的。血行が良くなり、ホルモンのバランスを整えることができます。他にもさまざまな漢方薬があるので、市販されているものを購入したり漢方薬を処方してくれるクリニックへ行ってみると良いでしょう。

サプリメントで自律神経をサポート

自律神経の乱れを整えるのにサプリメントを摂取するという方法もおすすめです。例えば、自律神経をコントロールする働きがあるとして有名な必須アミノ酸。 実は、この必須アミノ酸は体内だけでは十分な量を合成することが出来ないため、不足した分を食事などで外から補う必要があります。

サプリメントなら、簡単に必須アミノ酸を摂取する事ができます。また、サプリメントを飲み続けることによって恒常的に必須アミノ酸が体内に充分にある環境を作りあげることが出来ます。

PMSによる体調不良のケアをサポートしてくれるサプリをピックアップ!

PMS診断 PMS診断
TOP