PMS対策・改善NaviTOP » PMSの症状を診断テストでセルフチェック! » 生理前にいつも吐き気がひどいとPMSの可能性が高い?
PMSとは?診断テストでわかる PMS対策キホンの予防 セルフ改善医療機関で行う 専門的なPMS治療PMS治療が受けられる 病院リスト【セキララ座談会】つらい生理前どうしてる?

生理前にいつも吐き気がひどいとPMSの可能性が高い?

PMSによる吐き気の症状

生理前になると、決まって強い吐き気をもよおす体質の方もいるようです。また、吐き気とともに頭痛やめまい、悪寒、下痢といった症状を併発する方もいます。これらの症状が毎月のように訪れるようならば、その原因はPMSかも知れません。

PMSと似たようなタイミングで訪れる吐き気に、初期妊娠があります。いわゆる「つわり」による吐き気です。

PMSによる吐き気と「つわり」による吐き気を区別するためには、基礎体温の測定が有効。基礎体温が高い状態が続いていれば、場合によっては初期妊娠の可能性があるかも知れません。

また生理が始まって吐き気が治まるようならばPMSと考えられますが、それ以降も吐き気が続くようならば初期妊娠かも知れません。

PMSによる吐き気の程度には個人差があるものの、重症の方には耐えがたいほどの症状を自覚すると言います。毎月吐き気に悩まされている方は、仕事や日常生活に支障をきたさないよう、何らかの対策をとる必要があるでしょう。

PMSによる吐き気の原因

PMS症状による吐き気の原因には、主に2つがあるとされています。黄体ホルモン(プロゲステロン)、およびプロスタグランジンという2つのホルモンの分泌量の増加です。

吐き気の主要な現認は黄体ホルモン(プロゲステロン)の増加
生理周期に関わっている女性ホルモンには、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)の2種類があります。これらのうち、卵胞ホルモンは生理から排卵まで多く分泌され、黄体ホルモンは排卵以降から生理前まで多く分泌されます。まさに生理前のPMSの時期は、黄体ホルモンが多く分泌されている時期と重なります。

黄体ホルモンには様々な働きがありますが、それらの一つに「水分をため込む」という働きがあります。生理前にむくみを生じる方も多いと思いますが、これは黄体ホルモンの「水分をためこむ」という働きが原因。ためこまれた水分の影響で、手足だけではなく、全身的なむくみとなって現れてしまうのです。

そして、目には見えませんが、水分は頭の中にもためこまれます。頭の中に水分が増えることで、脳に圧力がかかります。PMSに関わらず、脳への圧迫は吐き気や嘔吐の大きな要因の一つ。生理前にたくわえられた水分による脳への圧迫が、吐き気の主な原因だったのです。

プロスタグランジンの増加も吐き気の一因
ちょうど黄体ホルモンの分泌が盛んになる時期と重なるように、プロスタグランジンというホルモンも多く分泌されるようになります。子宮の収縮を促進し、経血を体外へと排出する働きのあるホルモンです。

このプロスタグランジンの別名は「痛みホルモン」。プロスタグランジンが多く分泌されることによって、胃の収縮運動が活発になり、かつ胃酸過多となって強い胃痛を引き起こすことから「痛みホルモン」との異名が付けられました。こうした胃の不調から、吐き気を感じる方もいると言われています。

PMSによる吐き気への対策・対処法

PMSによる吐き気への対処法を、大きく「応急処置」と「治療」に分けてまとめてみましょう。

応急処置による対処法
①ショウガを摂る
ショウガには吐き気を抑える効果がある、と漢方では考えられています吐き気以外にも、冷えの改善効果があるとされているため、PMS症状を自覚する時期には積極的に摂りたい食材です。

何らかの調理に使用するのはもちろんのこと、温かい紅茶などに少々混ぜてみても美味しくいただけます。

②市販薬で抑える
吐き気の一因であるプロスタグランジンの分泌を抑える市販薬が、薬局で手に入ります。薬剤師に「抗プロスタグランジン効果のある鎮痛剤」と伝えてください。CMでも知られる一部の有名な鎮痛剤にも配合されています。

③ツボを押す
吐き気を抑えるツボを押してみましょう。

・関衛(かんしょう)…薬指の爪の生え際で、かつ小指側
・内関(ないかん)…手首の横ジワから指3本分下がった場所で、かつ真ん中

治療による対処法
応急処置はとても役に立つのですが、長期的な視野に立てば、病院で治療してもらうべきでしょう。PMSの吐き気の治療法には、「ピル」「漢方」「栄養療法」の3種類があります。

①ホルモン療法
いわゆる低用量ピルの服用です。女性ホルモンのバランスを整え、PMSによる様々な症状を緩和します。薬の力によって一時的にホルモンバランスを改善させるだけなので、対症療法の一種と位置づけられます。

②漢方療法
各患者の症状に合わせた漢方薬を処方する方法。低用量ピルに抵抗を感じる方には、漢方療法を選ぶ例も多く見られます。ホルモン療法とは異なり即効性は期待できませんが、徐々に体質を改善することで根本治療を目指すことができます。

③栄養療法
PMSの原因となっている不足成分を、サプリメントで補充する方法。PMSの原因は鉄分不足という考えのもと、吸収の良い鉄分を中心に処方し、かつ食事指導を通じて栄養バランスを整えていきます。体への負担もなく、また比較的短期間で効果を実感する人もいます。栄養療法を行なっている病院が少ない点がデメリットです。
鉄分が摂れるサプリはこちら>>

症状がつらい方は、まずクリニックで診てもらうのが安心です
PMS治療で評判のクリニックをこちらで厳選紹介しています>>

PMS診断 PMS診断
TOP