PMS対策・改善NaviTOP » PMS治療が受けられる病院厳選リスト
PMSとは?診断テストでわかる PMS対策キホンの予防 セルフ改善医療機関で行う 専門的なPMS治療PMS治療が受けられる 病院リスト【セキララ座談会】つらい生理前どうしてる?

PMS治療が受けられる病院厳選リスト

クリニックごとに変わってくるPMSの治療方法

PMSの辛い症状に苦しんでいる方は、「生理が始まれば症状がなくなるし…」などといい加減に放置したりせず、積極的に改善する治療を受けてみましょう。

PMSの治療を行っているクリニックは婦人科や心療内科など様々ありますが、このページでは、都内でPMS治療に力を入れている医療機関をいくつかピックアップして紹介します。

それぞれのクリニックによって治療の方法が異なっているので、まずは大まかな治療法の特徴とメリット&デメリットを以下にまとめてみました。自分の症状に合った治療法を見つけるための参考にしてみてください。

クリニック・ハイジーア

治療法の特徴

根本的な改善が望めるか

◎

安全性

◎

手軽さ

○

費用の目安

生化学検査料15,000円+初診料5,000円+治療用サプリメントの処方50,000円〜(1ヶ月)
※初診時、カウンセラーによるカウンセリング(60分)無料

行っている治療方法

栄養療法

血液検査や尿検査でPMSの原因を特定し、不足している栄養素を補うためのサプリメントを医師が処方します。サプリの服用と同時に食事や生活指導を受け、体質改善を行うことで、根本から症状を改善する治療法です。3ヶ月〜半年ほどで症状や体質に改善がみられるかどうかをチェックします。

クリニック・ハイジーア/秦俊昭 院長

引用元:クリニックハイジーア公式 HP
(http://pms-hygeia.jp/)

ドクターの紹介

クリニック・ハイジーア/秦俊昭 院長

防衛医科大学医学部1982年卒業。東京慈恵会医科大学医学研究科大学院修了。 防衛医科大学病院、自衛隊中央病院などを経て、 三宿病院産婦人科部長などを歴任し、 2013年より、クリニック・ハイジーア院長就任。日本産婦人科学会専門医。

 

渋谷文化村通りレディスクリニック

治療法の特徴

根本的な改善が望めるか

△

安全性

○

手軽さ

○

費用の目安

1回3,300円(初診・再診料は別途)

行っている治療方法

PMSレス注射

ビタミンBや必須アミノ酸などを配合した注射を、PMSの症状が激しいときに行います。1回の注射で症状緩和が期待でき、効果は3〜4日続くそうです。

渋谷文化村通りレディスクリニック/丸橋和子 院長

引用元:渋谷文化村通りレディスクリニック HP
(http://www.shibuya-bunkamuradori-ladies.jp/)

ドクターの紹介

渋谷文化村通りレディスクリニック/丸橋和子 院長

平成4年、香川医科大学卒業。産婦人科医として20年近く経験を積んだ後、平成25年より渋谷文化村通りレディスクリニックに勤務。平成27年11月より同院の院長に就任する。日本性感染症学会認定医、母体保護法指定医師。

 

成城松村クリニック

治療法の特徴

根本的な改善が望めるか

◎

安全性

◎

手軽さ

○

費用の目安

プラセンタ注射2アンプル2,000円~
栄養療法「栄養解析レポート」25,000円+サプリメント代

行っている治療方法

プラセンタ療法、栄養療法

プラセンタ注射を2アンプル2,000円〜で受ける治療法と、オーダーメイドのサプリメントによる栄養療法があります。プラセンタ注射は1回に2〜5アンプルを症状に応じた回数だけ注射します。栄養療法は、血液検査などで栄養状態をチェックし、足りない栄養素をサプリメントで補う方法です。

成城松村クリニック/松村圭子 院長

引用元:成城松村クリニック HP
(http://seijo-keikoclub.com/)

ドクターの紹介

成城松村クリニック/松村圭子 院長

1995年に広島大学医学部卒業後、広島大学医学部産科婦人科学教室に入局。2010年に成城松村クリニック開院する。女性の美容健康向け書籍の執筆や監修・女性向け携帯サイトへの出演など、様々なメディアで活躍している。

 

池袋クリニック

治療法の特徴

根本的な改善が望めるか

○

安全性

△

手軽さ

○

費用の目安

PMSの治療の場合は健康保険適用
※自費診療による低用量ピル処方は初診料3,100円+1シート1,980円〜2,300円

行っている治療方法

低用量ピルによるホルモン治療

低用量ピルを服用することで排卵をストップさせ、ホルモンバランスを整えてPMSの症状を緩和します。妊娠を望んでいない方に適応する治療法です。

池袋クリニック/村上雄太 院長

引用元:池袋クリニック HP
(http://www.ikecli.com/)

ドクターの紹介

池袋クリニック/村上雄太 院長

平成7年に東邦大学医学部を卒業。平成13年4月に、同じく医師であった父とともに池袋クリニックを開設。母体保護法指定医師、日本産婦人科学会認定医師、日本抗加齢医学会専門医など、多数の専門医資格を持つ。

 

ひびおクリニック

治療法の特徴

根本的な改善が望めるか

△

安全性

△

手軽さ

○

費用の目安

PMS治療の場合は健康保険適用

行っている治療方法

抗不安薬や漢方薬による治療

PMSの症状の中でも、イライラやうつ症状など、精神的な症状が強い方に効果的な方法です。抗不安薬を服用して精神症状を緩和し、漢方薬で体質改善を行います。プラセンタ注射も行っています。

ひびおクリニック/日比生明 院長

引用元:ひびおクリニック HP
(http://www.hibio-mc.com/)

ドクターの紹介

ひびおクリニック/日比生明 院長

1990年、九州大学医学部を卒業。九州厚生年金病院、九州大学附属病院などで研修を行い、1995年~2003年にかけて一本松病院(現:一本松すずかけ病院)に勤務。2004年に日比生メンタルクリニック(現:ひびおクリニック)を開業。

 

あゆみクリニック

治療法の特徴

根本的な改善が望めるか

△

安全性

△

手軽さ

○

費用の目安

PMSの治療としてピルを処方される場合は健康保険適用

行っている治療方法

低用量ピルによるホルモン療法

低用量ピルで排卵を抑制することで、プロゲステロンの分泌量を抑え、ホルモンバランスを整える治療法です。薬剤の服用に抵抗を感じる人には、漢方薬を処方する場合もあるそうです。

あゆみクリニック/宮沢あゆみ 医師

引用元:あゆみクリニック HP
(http://www.ayumiclinic.com/)

ドクターの紹介

あゆみクリニック/宮沢あゆみ 医師

早稲田大学第一文学部を卒業し、大手テレビ局で記者、ディレクター、プロデューサーとして活躍後、東海大医学部に学士編入学し医師になったという異色の経歴の持ち主。三井記念病院、都立墨東病院勤務などを経て、あゆみクリニックを開業。

 

Kメディカルクリニック

治療法の特徴

根本的な改善が望めるか

○

安全性

◎

手軽さ

○

費用の目安

保険適用可

行っている治療方法

漢方療法

健康保険適用となる約150種類の漢方薬の中から、症状や体質に合わせたものを処方します。体質の偏りを根本から改善することで、PMSの症状を徐々に緩和していきます。即効性はありませんが、ホルモン剤などの薬剤に抵抗を感じる方にはおすすめの治療法です。

NO Image

ドクターの紹介

Kメディカルクリニック/菊地和彦 院長

東京大学医学部内科系大学院卒。自治医科大学付属病院や関東中央病院などでの勤務を経験。医学博士、呼吸器専門医の資格を持ち、東洋医学への造詣も深い。気管支ぜんそくや漢方治療の医師向け教科書を執筆している。

 

青山メンタルクリニック

治療法の特徴

根本的な改善が望めるか

△

安全性

△

手軽さ

○

費用の目安

保険適用可

行っている治療方法

抗うつ剤・気分調整剤による薬物治療

PMSの諸症状の中でも、特に精神的な症状が強い人に行う精神科領域の治療法です。生活に支障をきたすほど抑うつ感やイライラ感が強く出ているケースでは、カウンセリングを行うと同時に、抗うつ剤や気分調整剤を処方します。

青山メンタルクリニック/中村稔 院長

引用元:青山メンタルクリニック HP
(http://www.aoyama-mc.com/)

ドクターの紹介

青山メンタルクリニック/中村稔 院長

1990年、東京医科歯科大学医学部を卒業。同大学に勤務しながら、ホーナイ派の精神分析療法や幅広い臨床経験を積む。2003年に青山メンタルクリニックを開設。精神保健指定医、日本精神神経学会専門医。

 

PMS治療が受けられる病院の選び方

婦人科疾患のひとつであるPMSでお悩みの方は、まずかかりつけの婦人科や心療内科を受診すると思います。しかし、専門的な知識が必要なPMS治療では、通常の病院やクリニックでは症状が良くならない場合も多いようです。
病院選びの際は、PMS治療や婦人科疾患の実績が豊富な専門医がいるところを選ぶようにしましょう。そうしたクリニックなら、症状や体調などに合わせた治療法を提案してくれるはずです。
では、PMS治療の専門クリニックで受けられる、代表的な治療方法を紹介しましょう。

栄養療法

PMSの原因である栄養素の不足を正し、根本的な体質改善を行う治療法。

ホルモン療法

低用量ピルやプラセンタ注射などを服用し、ホルモンバランスを調整する。

漢方

東洋医学を活用し、体に負担をかけずに体質改善や症状緩和を行っていく。
当サイトで紹介しているのは、以上のような専門的メニューがあるクリニックばかりです。これまでの治療で改善がみられない場合は、こうした専門知識のあるクリニックを選ぶようにしましょう。

医療機関で行う専門的なPMS治療ドクターズサプリという選択
TOP