PMS対策・改善NaviTOP » 基本の予防・セルフ改善法〜PMSの症状のあるすべての方に
PMSとは?診断テストでわかる PMS対策キホンの予防 セルフ改善医療機関で行う 専門的なPMS治療PMS治療が受けられる 病院リスト【セキララ座談会】つらい生理前どうしてる?

基本の予防・セルフ改善法〜PMSの症状のあるすべての方に

日常生活に取り入れられるPMS改善方法とは?

クリニックで治療を受けるほかに、PMSの辛い症状を自分で改善する方法はないのでしょうか?実は、PMSの症状を和らげるためのポイントは、日常生活の中にもたくさんあります。

食事や運動を見直して、PMSに強い体を作る

PMSは、体質や疲れ、ストレスなど様々な要因で重症化することが知られています。日常生活の中で、それらの要因を排除するように心がければ、PMSに悩むことなく月経前の時期を過ごすことができるはず。症状が激しい方も軽い人も、普段からの努力でPMSの症状を緩和することは可能ですから、できるかぎり工夫してみましょう。

特に大切なのは、食事で摂取する栄養素。PMSは、ビタミンやミネラルなど特定の栄養素が不足すると症状が悪化する傾向が強いので、それらの栄養素に注意して積極的に摂り入れるようにすれば、症状を軽くすることができるのです。また、PMSを悪化させないために避けなければならない食事や、日常の過ごし方などにもポイントがあります。何よりも、自分の身体をいたわる気持ちを大切にしながら、休息や運動、リラクゼーションなどを生活に取りいれましょう。

月経前の時期は、些細な痛みや不調、気持ちの変化であっても見逃さず、自分が快適に過ごせるよう、余裕を持ったスケジュールを心がけることも忘れずに。仕事や家事で忙しい…という人も、この時期だけは家族や周囲の人に理解を求めて、ゆっくり過ごすようにしましょう。

以下のページでは、PMSの改善効果がある栄養素や、摂取を控えたい食品、運動やストレス解消法について解説していきます。

基本は食事!摂りいれたい栄養素

最も身近で最も効果的な体質改善方法は、食事や摂取する栄養素の見直しです。食事は、私たちの体を形成する源になるのはもちろん、体調を整えて心も落ち着かせることができます。ビタミンやミネラルなどの摂取すべき栄養素や、食事をする際の注意点をまとめています。食事の内容を改善して、根本からPMSの症状を和らげていきましょう。

詳しく見る

控えたい食事

忙しい生活の中で、ファストフードやコンビニ弁当、外食など、ついつい偏った食生活に陥りがちです。炭水化物や糖分、脂質、塩分が過多になると、体調はもちろん精神面でも落ち着きが失われていきます。摂取を控えたほうが良い食事と、PMSの症状が発症する前(月経前)に気を付けたい食生活について解説していきます。

詳しく見る

休息・運動・ストレス解消

PMSは一朝一夕で劇的に改善するものではないので、気長に、上手に付き合っていく必要があります。体調の悪化やイライラに直面したとき、すぐにできる解消法として、休息や運動の重要性について紹介します。気分がすぐれないからと言ってふさぎ込んでいては、残念ながらPMSは悪化する一方です。休息や運動、ストレス発散を積極的に取り入れましょう。

詳しく見る
医療機関で行う専門的なPMS治療ドクターズサプリという選択

PMS対策Navi厳選!PMSを治療できる専門クリニック

クリニック・ハイジーア

治療法の特徴

根本的な改善が望めるか

◎

安全性

◎

手軽さ

○

費用の目安

生化学検査料15,000円+初診料5,000円+治療用サプリメントの処方50,000円〜(1ヶ月)
※初診時、カウンセラーによるカウンセリング(60分)無料

行っている治療方法

栄養療法

血液検査や尿検査でPMSの原因を特定し、不足している栄養素を補うためのサプリメントを医師が処方します。サプリの服用と同時に食事や生活指導を受け、体質改善を行うことで、根本から症状を改善する治療法です。3ヶ月〜半年ほどで症状や体質に改善がみられるかどうかをチェックします。

クリニック・ハイジーア/秦俊昭 院長

引用元:クリニックハイジーア公式 HP
(http://pms-hygeia.jp/)

ドクターの紹介

クリニック・ハイジーア/秦俊昭 院長

防衛医科大学医学部1982年卒業。東京慈恵会医科大学医学研究科大学院修了。 防衛医科大学病院、自衛隊中央病院などを経て、 三宿病院産婦人科部長などを歴任し、 2013年より、クリニック・ハイジーア院長就任。日本産婦人科学会専門医。

渋谷文化村通りレディスクリニック

治療法の特徴

根本的な改善が望めるか

△

安全性

○

手軽さ

○

費用の目安

1回3,300円(初診・再診料は別途)

行っている治療方法

PMSレス注射

ビタミンBや必須アミノ酸などを配合した注射を、PMSの症状が激しいときに行います。1回の注射で症状緩和が期待でき、効果は3〜4日続くそうです。

渋谷文化村通りレディスクリニック/丸橋和子 院長

引用元:渋谷文化村通りレディスクリニック HP
(http://www.shibuya-bunkamuradori-ladies.jp/)

ドクターの紹介

渋谷文化村通りレディスクリニック/丸橋和子 院長

平成4年、香川医科大学卒業。産婦人科医として20年近く経験を積んだ後、平成25年より渋谷文化村通りレディスクリニックに勤務。平成27年11月より同院の院長に就任する。日本性感染症学会認定医、母体保護法指定医師。

成城松村クリニック

治療法の特徴

根本的な改善が望めるか

◎

安全性

◎

手軽さ

○

費用の目安

プラセンタ注射2アンプル2,000円~
栄養療法「栄養解析レポート」25,000円+サプリメント代

行っている治療方法

プラセンタ療法、栄養療法

プラセンタ注射を2アンプル2,000円〜で受ける治療法と、オーダーメイドのサプリメントによる栄養療法があります。プラセンタ注射は1回に2〜5アンプルを症状に応じた回数だけ注射します。栄養療法は、血液検査などで栄養状態をチェックし、足りない栄養素をサプリメントで補う方法です。

成城松村クリニック/松村圭子 院長

引用元:成城松村クリニック HP
(http://seijo-keikoclub.com/)

ドクターの紹介

成城松村クリニック/松村圭子 院長

1995年に広島大学医学部卒業後、広島大学医学部産科婦人科学教室に入局。2010年に成城松村クリニック開院する。女性の美容健康向け書籍の執筆や監修・女性向け携帯サイトへの出演など、様々なメディアで活躍している。

その他の病院リストはこちら

TOP