PMS対策・改善NaviTOP » PMSコラム » ツライ生理痛のメカニズムとは?
PMSとは?診断テストでわかる PMS対策キホンの予防 セルフ改善医療機関で行う 専門的なPMS治療PMS治療が受けられる 病院リスト【セキララ座談会】つらい生理前どうしてる?

ツライ生理痛のメカニズムとは?

女性だけが抱える悩みといえば、生理痛(月経痛)ですよね。その症状は様々で、痛みの大きさにも個人差があります。そのため、もし生理痛の対処方法を知っていても、自分が抱えている症状には効くのか不安に思っている方は多いのではないでしょうか。

ここでは一般的に知られている生理痛の様々な症状や、それが起きる原因・仕組みを皆さんにご説明した上で、効果的な対処方法や予防方法などを詳しくご紹介します。

生理痛の症状はこんなにある!

生理痛の症状はこんなにある!

生理痛とは、生理が原因で起きる不快な症状を総称した呼び名です。そのため、頭痛や腹痛などの身体的な痛み以外に、吐き気やめまいなどの体調不良も生理痛に含まれています。

人によって症状の程度はさまざまです。日常生活に支障が出てしまうほどの月経困難症(機能性月経困難症と器質性月経困難症に分類されます。)や骨盤内感染症(骨盤内炎症性疾患、PID)、子宮腺筋症などになる可能性もあり、メガニズムを知ることはこれらの改善に役立ちます。

生理痛が原因で起こる主な症状は以下の通りです。

・頭痛 ・腹痛 ・腰痛 ・歯痛 ・発熱 ・便秘 ・下痢 ・肌荒れ ・関節痛 ・倦怠感 ・イライラ

生理痛が発生する原因と仕組み

生理痛が発生する原因と仕組み

プロスタグランジンの過剰分泌

生理痛を発症させる大きな原因は「プロスタグランジン」と呼ばれるホルモンの過剰分泌と言われています。生理とは、着床を手助けするために分厚い状態に変化した子宮内膜が不要となって、排出される現象のことです。

その際に分泌されるホルモンがプロスタグランジンであり、子宮を収縮させる働きを活発化することで、不要になった子宮内膜の排出を促します。

しかし、このプロスタグランジンが過剰分泌されると、必要以上に子宮の収縮が行われるため、お腹や腰に痛みを感じるなどの生理痛が発生する原因になるのです。

子宮口が狭い

 もともと子宮口は狭く、そのサイズはストロー程度だと言われています。特に初潮を迎えてからの数年間はまだ子宮が未熟なため、子宮口が狭くて硬い状態になっています。

そしてこの子宮口が通常よりも狭い場合、不要になった子宮内膜の排出がスムーズに行われず、より強く押し出すために子宮の筋肉が強く収縮し、下腹部の痛みなどの生理痛に繋がります。

身体や精神状態の変化

 身体や精神状態の変化などが原因で、生理痛の時に様々な症状を発症する場合があります。ストレスや身体の冷えなどが原因で起きる血行不良やホルモンバランスの乱れが、頭痛・胃痛・吐き気・下痢といった多くの症状を引き起こすのです。

また、貧血が原因で生理の際にめまいや頭痛などを発症する場合があります。

体重や骨格の変化

 生理の際には子宮のサイズが大きくなりますが、骨盤が歪んでいると周辺の骨や臓器などが圧迫されることで、股関節痛を感じる場合があります。

体重が増加することで関節への負担が増加すると、生理の際に様々な関節痛を発症する場合があります。

病気

子宮筋腫や子宮内膜症などの病気によって、生理痛を感じる場合があります。 生理痛が起きる原因は他にもたくさんあるため、病気が原因だと自覚する時期が遅れてしまい、症状が進行するケースが少なくないため注意が必要です。

痛みの仕組みから知る緩和策

痛みの仕組みから知る緩和策

身体を温める

 生理痛を引き起こす原因のひとつは冷え症です。そのため身体を洗う際にはシャワーで済まさずしっかり湯船に浸かりましょう。

そして、夏でも冷房が効き過ぎて寒い場所ではブランケットや腹巻きなどを利用して、身体を冷やさないように工夫することが大切です。

楽な姿勢を見つける

生理痛を緩和するために、うつぶせに寝たり横になって身体を丸めるなど、様々な姿勢を試すことで、自分にとってもっとも効果的な姿勢を見つけることが大切です。

腰痛がつらい場合は腰の下に枕やクッションなどを挟んで少し腰を浮かせることで、血流が改善され、症状が緩和される場合があります。

ハーブティー

ハーブティー

ハーブティーには血流を改善したり、ホルモンバランスを整える効果があり、生理痛の症状を緩和するために役立つ食品として知られています。

特に鎮痛作用や血流改善の効果を持ったカモミールやサフラワー、ラズベリーリーフなどが生理痛の緩和に効果的です。

薬の使用

 どんな方法を利用しても生理痛が収まらない場合は、薬を服用することで、症状を抑える味方となってくれるでしょう。

生理痛を引き起こす原因である、プロスタグランジンの働きを抑える効果をもった非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)や、アセトアミノフェンが配合された鎮痛薬などを利用することで、生理痛の症状を緩和するサポートとなります。

さらに、冷え症改善など自分の体質に合った効果を発揮する漢方薬を利用することで、生理痛の症状を和らげることへ繋がるでしょう。

痛みの仕組みから知る予防策

痛みの仕組みから知る予防策

適度な運動

 運動不足によるストレスによって起こるホルモンバランスの乱れが、生理痛を引き起こす場合があります。そのためジョギングやウォーキングなどを習慣的に行うことで、生理痛を予防できる可能性が高まります。

さらに適度な運動により身体の血流が良くなることで、生理痛の主な原因である冷え症を改善させる効果を得られます。

食生活の改善

肉や乳製品には、生理痛を引き起こす主な原因であるプロスタグランジンの過剰分泌を助長する働きがあります。そのため、生理痛が気になる方はこれらの摂取を控えめにすることが大切です。

青魚や大豆製品などは逆にプロスタグランジンの過剰分泌を抑制する働きを持つため、積極的に摂取することで生理痛を予防できる可能性が高まります。

特に大豆製品は、ホルモンバランスを整える面でも生理痛を予防する効果を発揮する優れた食品です。

規則正しい生活

 不規則に食事を摂ったり、夜更かしをすることの多い生活を送たりすると、ホルモンバランスが乱れる原因となります。

結果、頭痛や腰痛などの生理痛に繋がるため、規則正しい生活を送り、正常なホルモンバランスを保つことが大切です。

布ナプキンの使用

 布ナプキンは、紙ナプキンよりも通気性が優れており、使い心地が良いため、生理痛の原因となるストレスを軽減する効果があると言われています。

紙ナプキンのように身体を冷やす可能性のある高分子吸収剤が使われておらず、身体を温める効果を持っているため、生理痛の原因である冷え症を改善する効果が期待できます。

症状の緩和が難しければ専門家に相談

症状を緩和して

生理痛には、頭痛や腰痛から下痢まで様々な症状があり、その症状や原因は一人ひとり全く異なります。

症状を緩和・予防する方法はいくつもあるので、自分の抱えている症状に効果的な対処方法を見つけて、苦しい生理痛の解消に役立てましょう。

しかし、生理痛の原因が病気の場合もあるため、少しでも生理痛の症状や頻度などに違和感を覚えたら、安易な自己診断をせずに、早めに婦人科の病院やレディースクリニックなどで医師の診察を受けることが大切です。

PMS診断 PMS診断
TOP