PMS対策・改善NaviTOP » PMSコラム » 生理前のうつ・落ち込み・モヤモヤ感の改善方法
PMSとは?診断テストでわかる PMS対策キホンの予防 セルフ改善医療機関で行う 専門的なPMS治療PMS治療が受けられる 病院リスト【セキララ座談会】つらい生理前どうしてる?

生理前のうつ・落ち込み・モヤモヤ感の改善方法

生理前の2週間くらいの間に、うつのような落ち込みや、モヤモヤ感を感じる人は少なくありません。毎月生理前になるので、不快だと感じている女性は多いのではないでしょうか。

今回はそんな生理前の気分不快・うつ・落ち込みなどについて詳しくご紹介していきます。

生理前の気分不快の原因は『PMDD』かもしれない?

生理前の気分

生理前症候群とは月経前症候群、PMSとも呼ばれ、生理前のホルモンバランスの変化によって引き起こされます。代表的なのが、理由がわからない、イライラなどの気分の変調や頭痛などの症状だといわれています。

情緒が不安定になりやすいのは、ホルモンバランスと自律神経が密接に結びついているからです。自律神経の働きが乱れると、感情の制御がききづらくなり、眠りが浅く、リラックスできない状態が続きやすいとされています。

新陳代謝のリズムも乱れるため、肌荒れやニキビの肌トラブルが起きやすくなるといった症状が出る場合もあります。体質によって症状が大きく変わるのも生理前症候群の特徴であるといえます。

生理前症候群の症状が強く出る人であれば、生理痛の痛みについても激しくなる傾向にあります。ホルモンバランスの変化が緩やかな場合には、このような痛みや症状が抑えられるため、様々な薬や漢方などで対策をする人が多くなってきているとされています。

『PMDD』と『PMS』の違いについて

PMDDとPMSの違い

皆さんは、『PMS』(月経前症候群)という言葉は聞いたことはありませんか。『PMDD』と『PMS』はどのように違うのか考えてみましょう。

PMSも生理前の2週間くらいの間に症状が現れ、生理が始まって遅くとも1~2日で症状が収まります。PMSの症状には、うつ、不安感、イライラ、情緒不安定、集中力の低下などの精神的不調が現れます。また、眠気、不眠などの症状が現れることもあります。体が重く感じたり、頭痛、便秘などの身体的不調も現れることがあります。症状を見ると、PMDDとPMSは似ているように見えますね。

しかし、特に、著しいうつや落ち込み、情緒不安定、激しい怒りや感情をコントロールできないなどの精神症状が強い場合をPMDDと言います。PMDDは症状の程度が重く、日常生活や社会生活に支障をきたすほどの症状が現れるのが特徴です。

でも、辛いのは自分だけではないかと悩まないでください。生理のある女性の約50~70%の人がPMSの症状に悩んでいます。約5%の人がPMDDの症状で悩んでいると言われています。

辛い症状が出るPMDDやPMSですが、どうして起こるのでしょうか。PMDDやPMSの症状は、女性ホルモンの乱れだけではなく、血糖値や栄養状態にも関わっているようです。

正常な月経周期は25~28日が1つの周期です。卵胞期(低温相)・排卵期・黄体期(高温相)の3つの期間があります。月経周期に重要になってくるのが、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)という、2つの女性ホルモンです。

エストロゲンは排卵に向けて一気に分泌が上昇し、排卵以降は緩やかに低下していきます。プロゲステロンは黄体期に一気に分泌が上昇し、月経が始まると急激に低下していきます。PMDDやPMSの症状が現れるのが、黄体期の時期なので、プロゲステロンがPMDDやPMSの原因の1つだとされています。

しかし、プロゲステロンは月経のある全ての女性に分泌されるホルモンなので、必要なホルモンだと言えます。PMDDやPMSの症状が現れる人もいれば、現れない人もいるので、プロゲステロンだけが原因とは言えないでしょう。

PMDDやPMSの症状は、「潜在性鉄欠乏性貧血」の症状と似通っています。PMDDやPMSに悩む女性の多くには、潜在性鉄欠乏性貧血が見られるという報告もあります。

また、うつのような落ち込み、イライラ、情緒不安定、過食、頭痛、めまいなどは、「機能性低血糖症」の症状でもあります。低血糖症が悪化すると、PMSより重いPMDDの症状を引き起こす恐れがあります。

他には、脳内物質の低下もPMDDやPMSの原因ではないかと言われています。排卵後にエストロゲンの分泌量が減ると、脳内でセロトニンという喜びを感じる物質の分泌が減少します。それにより、頭痛や精神状態への影響が出ると言われています。

生理前の気分不快の改善方法

生理前の気分不快の改善方法

PMDDやPMSの症状を軽減させる方法があれば、試してみたいですね。生理前の気分不快を少しでも緩和させる方法もあるので、ご紹介します。

バランスの良い食生活を心がける

栄養のバランスが偏っていると、ホルモンバランスが崩れやすくなり、PMDDやPMSの症状も出やすくなります。豆類、緑黄色野菜を多く摂るようにして、玄米や、そばなどの精製していない麺類を食べるのも良いでしょう。

摂り過ぎない方が良い食品は、砂糖、塩分、カフェイン、アルコール、添加物の多い食品です。砂糖やカフェイン、パン、パスタなどの加工品はなるべく避けましょう。

体を冷やさないように、アイスクリームや冷たい飲み物も、生理前の2週間から生理の間は控えた方が良さそうです。体を冷やすとPMDDやPMSの症状が重くなります。

PMDDやPMSの症状を和らげる栄養素は、ビタミンB6であるという研究結果も出ています。小麦胚芽、玄米などの精製されていない食品や、イワシ、カツオ、サバなどの青魚を多く食べるといいでしょう。

ストレス解消を心がける

PMDDやPMDを悪化させる原因にはストレスもあります。生理前はホルモンバランスが乱れやすいため、ストレスを上手に解消させましょう。

軽い運動や、ウォーキングなどがお勧めです。自分が楽しいと思うことを見つけ、音楽を聴いたり、映画を観たり、本を読んだりしてストレスを溜めないようにしましょう。

毎朝基礎体温を測る

毎月の基礎体温が乱れている人は、ホルモンバランスも乱れていると言えます。PMDDやPMSの症状で悩んでいる人は、毎朝基礎体温を測るようにしましょう。健康な体かどうか判断するために、基礎体温を測って記録するようにしましょう。

『PMDD』かもしれないときには

自分がPMDDかもしれないと思ったときには、病院の何科へ行けば良いのか迷いますね。PMSの場合は、婦人科に相談することをお勧めします。子宮や卵巣の病気が原因で引き起こされることもあるので、婦人科で診てもらった方が良いでしょう。

PMSの治療では、低用量ピルを処方されることが多いです。ホルモンの急激な変化を抑えて、PMSの症状を穏やかにしてくれます。

PMDDは、うつ症状が出たり、自殺の願望が強くなることもありますので、精神科や心療内科に行くことなどもいいといわれています。カウンセリングを受けたり、抗うつ剤が処方されることもあり、精神状態を穏やかにさせてくれます。

PMDDかPMSか自分では判断できない時があります。そういう場合は、まず婦人科を受診してみて、婦人科の医師がPMDDと判断すれば、精神科や心療内科への受診を勧めることになるでしょう。医師の指示に従ってくださいね。

まとめ

生理前の気分不快で、うつ・落ち込み・モヤモヤ感について書いてみました。

精神症状が強く現れて、日常生活や社会生活に支障をきたす場合は、ぜひ、病院へ行くことをお勧めします。自己判断で大丈夫と片付けていると、うつ病になってしまう場合もあります。

また、PMDDやPMSの人には、潜在性鉄欠乏性貧血が隠れている場合もあります。生理前のうつ・落ち込み・モヤモヤ感に悩まされている人は病院を受診して、早く快適な生活を送れるようになれるといいですね。

PMS診断 PMS診断
TOP