PMS対策・改善NaviTOP » PMSコラム » 漢方で生理前症候群が抑えられる!?PMS対策の漢方まとめ
PMSとは?診断テストでわかる PMS対策キホンの予防 セルフ改善医療機関で行う 専門的なPMS治療PMS治療が受けられる 病院リスト【セキララ座談会】つらい生理前どうしてる?

漢方で生理前症候群が抑えられる!?PMS対策の漢方まとめ

生理前症候群とは、生理前のイライラや頭痛などの体調の変化を総称したものです。

精神的なものだけでなく、胸の張りなど身体的な痛みや不快感も伴うケースも多く、個人差が大きいのが特徴です。いろいろな薬が販売されていますが、体質的に薬が合わない人や、薬飲むことを避けたいという人に「漢方」が人気となっています。

そもそも生理前症候群とは何か?

生理前症候群とは

生理前症候群とは月経前症候群、PMSとも呼ばれ、生理前の女性ホルモンバランスの変化によって引き起こされます。代表的なのが、理由がわからない、イライラなどの気分の変調や頭痛などの症状だといわれています。

情緒が不安定になりやすいのは、ホルモンバランスと自律神経が密接に結びついているからです。自律神経の働きが乱れると、感情の制御がききづらくなり、眠りが浅く、リラックスできない状態が続きやすいとされています。

新陳代謝のリズムも乱れるため、肌荒れやニキビの肌トラブルが起きやすくなるといった症状が出る場合もあります。体質によって症状が大きく変わるのも生理前症候群の特徴であるといえます。

生理前症候群の症状が強く出る人であれば、生理痛の痛みについても激しくなる傾向にあります。ホルモンバランスの変化が緩やかな場合には、このような痛みや症状が抑えられるため、様々な薬や漢方などで対策をする人が多くなってきているとされています。

どうしてPMSには漢方が効くの?

どうしてPMSには漢方が効くの?

漢方の中には、ホルモンバランスと自律神経のバランスを整える成分を含んでいるものがあります。生理前症候群の多くの症状は、ホルモンバランスと自律神経の変化によって起こるものです。

漢方で自律神経やホルモンバランスの変化を緩和しながら、不足しがちな部分を補うことによって、生理前症候群を和らげることができるといわれています。

また、血流を整える事や、滋養強壮効果がPMS症状に効果的な場合があります。これはホルモンバランスだけでなく、血の巡りの悪さや体力の不足が症状を悪化させることがあることから考えられています。

生理は子供を出産するための準備という大事な側面があり、多くのエネルギーを消費します。とくに血液は重要で、血液が十分な量を確保できなければPMSの症状が強く出る場合があるのです。

漢方には多くのミネラルやビタミンが含まれることが多く、血液の材料としての役割も果たすことが期待されています。

代謝を活発にして体力を補ってくれる部分もあるとされているので、使いやすいという面があるようです。 西洋医学のPMS用の薬は痛みや不快感などの症状を和らげることが中心になりますが、漢方は栄養を補助しつつバランスを整えることが基本になると考えられています。

PMSに効くと言われている漢方まとめ

PMSに効くと言われている漢方まとめ

当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)はPMS対策に使われる代表的な漢方となっています。血行を良くして体を温める効果があり、冷え性対策にもよく使われます。血流だけでなくホルモンバランスを整えてくれるのも特徴で、PMSの全般的な症状に効果を期待できるほか、むくみや貧血の改善が見込めます。

加味逍遙散(カミショウヨウサン)は貧血対策に使われる漢方となっています。血の巡りを良くし、ホルモンのバランスを整えてくれという点でPMS対策にもよく使われるとされています。胸の張りや肩こり、頭痛にも効果があるといわれています。

抑肝散(ヨクカンサン)はイライラが続く場合など、精神面での影響が強い場合に使われています。自律神経の乱れを整えるといわれており、不眠などの眠りが浅い場合に処方される場合もあります。

桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン)は血行を良くするとされる漢方です。肝機能をはじめとした内臓の働きを高め、血液のバランスやホルモンバランスを整える効果が期待されています。頭痛や目まいといった症状に処方されることが多く、PMSの改善に使いやすいのが特徴となっています。

その他、桃核承気湯(トウガクジョウキトウ)や温経湯(ウンケイトウ)なども効果的とされています。

効果的な漢方の飲み方とは

効果的な漢方の飲み方とは

漢方の多くは白湯で飲むのが望ましいとされています。これは水よりも白湯で飲む方が漢方の成分が早く溶けだし、身体に吸収されやすくなるからなのです。どうしても白湯が用意できない場合は水でも大丈夫です。

ただし、ジュースやお茶は、含まれている成分と反応して吸収が悪くなることなどもあるため注意が必要です。 漢方を飲むタイミングは主に食前や食間になります。食前は食事の30分前のことで、食間は次の食事との間を意味しています。

食間は食後約2時間が基本となり、食事中という意味ではない事に注意が必要です。漢方によっては、食前や食間の指定が違う場合もありますので、なるべく内服するタイミングは守ると効果的ですね。

もし、飲み忘れがあった場合には、食後でも飲んだ方が良い場合があります。これは飲み続けることが体質改善につながるからで、全く効果がなくなるわけではないからだといわれています。

漢方で症状を緩和し身体のバランスを整える

まとめ

漢方は様々な植物などを用いて、体質改善から病気を治していく東洋医学の手法の1つです。PMSなど生理に関する処方も充実しており、体質や症状によって選ぶことができます。

西洋医学の薬は基本的に症状を和らげ、痛みを緩和するものが中心になりますが、漢方は栄養を補い、身体のバランスを整えるのが基本になると考えられています。

漢方の内服を続けることで、PMSの症状を軽くすることができる人もいるからです。 できれば白湯で飲んだ方が良いものの、水で飲んでも全く効果がなくなるわけではないのがポイントです。

手間をかけなくても飲むことが可能で、気軽に使うことができるのも漢方の魅力なのです。血行を良くすることで、冷え性対策なども一緒にできるものも多いので、生理前の不調が気になる場合は利用してみるのもオススメです。

栄養療法を行っているクリニックはコチラでもご紹介していますので、ぜひご覧ください。
http://www.forwomanssmile-pmsnavi.com/list/

PMS診断 PMS診断
TOP