PMS対策・改善NaviTOP » PMSコラム » 女性の生理期間は何日?生理を短くする方法とは?
PMSとは?診断テストでわかる PMS対策キホンの予防 セルフ改善医療機関で行う 専門的なPMS治療PMS治療が受けられる 病院リスト【セキララ座談会】つらい生理前どうしてる?

女性の生理期間は何日?生理を短くする方法とは?

女性の生理期間とは

女性にとって、ほぼ毎月経験する生理は自分のホルモンバランスや健康状態を知る上で大切なものです。しかし、女性の生理期間や生理周期について正しく知らない方も多いかもしれません。生理期間が長すぎると何かしらの病気が隠れている可能性があります。今回は女性の生理期間や生理を短くする方法についてわかりやすくまとめていきたいと思います。

生理周期は何日くらいが一般的なの?

生理周期(月経周期)とは、生理が始まった日から次の生理が始まる前日までのことを指します。正常な生理周期は25-38日といわれています。生理周期が24日以内と短い場合には、頻発月経、一方で39日以上と長い場合には稀発月経とよばれています。

つまり、生理は短くても長くてもよくないことであると考えられていて、生理周期が正常範囲ではない状態が長く続く場合には、産婦人科(婦人科)を受診した方がよいとされています。

なぜ生理周期が短くても、長くてもよくないのでしょうか。それは、生理が正常の周期でくるのは、女性ホルモンがバランスよくはたらいている証拠だからなのです。女性ホルモンにはエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)という2つがあり、それぞれのホルモンのバランスによって生理が起きるといわれています。2つのホルモンがバランスよく機能していると、子宮の内膜が厚くなり、卵巣で成熟した卵子が子宮の方へ送り出されます。もし妊娠しなかった場合には、厚くなった不要な子宮内膜ははがれ、血液と共に子宮の外へ排出され生理が起きます。

ホルモンバランスの乱れは強いストレスや過度のダイエット、卵巣の病気などで起こることがあり、放っておくと将来妊娠しづらくなる可能性があります。自分の生理周期が正常範囲でないと気づいた時には、ホルモンバランスの乱れにいち早く気付くことができますね。

みんなの生理期間は何日くらい?

生理期間が長い原因

正常な生理周期は25-38日で、短すぎても長すぎてもよくないことがわかりました。では、平均的な生理期間は何日間なのでしょうか。正常な生理期間は3-7日程度といわれています。2日以内に生理が終わってしまう場合には過短月経、反対に8日以上生理が続く場合には過長月経とよびます。生理が通常より短い場合には、ホルモンバランスの乱れによって正常に卵巣から卵子が排出されていない無排卵月経、子宮の形の異常、子宮の内膜の癒着(ゆちゃく)などが考えられています。

一方で、生理が通常より長い場合には、女性ホルモンのバランス異常や子宮の病気などが疑われます。生理期間だけではなく、生理に伴う痛みが強く日常生活に支障が出る場合も子宮や卵巣の病気が隠れている可能性があるので注意が必要です。

つらい生理痛で悩む女性のリアルな声はコチラ

生理期間が長い……そんなときの原因とは?

生理期間が正常より長い、つまり8日以上出血が続く場合には女性ホルモンのバランスの乱れや子宮・卵巣の病気が隠れている可能性があるとされています。

女性の体はとても繊細なため、強いストレスや過度なダイエットなどでも女性ホルモンのバランスはすぐに乱れてしまいます。女性ホルモンであるエストロゲン、プロゲステロンの分泌が不十分だと子宮の内膜がはがれづらくなったり、卵巣から卵子が排出されづらくなります。結果として、生理がだらだらと長く続くことになります。また、子宮内膜症や子宮内膜ポリープ、子宮筋腫などの病気が隠れている場合にも生理期間が長くなることがあります。

子宮内膜症は、本来子宮の内部にあるべき子宮内膜が卵巣などの別の場所に移動し、生理のたびに出血を繰り返す病気です。生理期間が長くなるだけでなく、生理痛が通常より重い、腰痛、排便痛などの症状を伴うことがあります。子宮内膜症は生理のたびに進行するので、あまりの激痛のため救急車で搬送される方がいるほどです。 子宮内膜ポリープは、子宮の内膜に発生するきのこ状の腫瘍(しゅよう)のことです。ほとんどが良性ですが、生理期間が長くなったり、生理期間以外でも出血することで気付かれる病気です。

子宮筋腫は女性の約30%に存在するといわれ、子宮のさまざまな部分にできるコブのことを指します。子宮筋腫は多くの女性がもっていることからわかるように、筋腫のある場所や大きさに問題がなければ生理期間に影響はありません。ただし、生理期間が長い、生理の時の血液の量が多い場合には子宮筋腫が原因のことがあります。

生理期間を短くする方法とは

生理期間を短くする方法

生理期間は3-7日程度であるといわれていますが、できれば早く終わることを望む女性が多いのではないでしょうか。生理期間中は下着もいつもと違うものをつけなくてはいけないですし、生理用品を持ち歩かなくてはいけないことに煩わしさを感じます。

正常な生理期間は3-7日なので、最短であれば3日で終わらせることができるはずです。実際に生理期間を短くする方法をいくつか紹介します。

食生活

規則正しい食生活、バランスのとれた食事を意識するようにします。塩分、糖分、脂質が多い食事を摂っていると血液の流れが悪くなり、生理の時に排出される血液(経血)がスムーズに子宮から出なくなるといわれています。インスタント食品やコンビニ弁当、揚げ物、お菓子ばかり食べていると血液の流れが悪くなり、生理が長くなる可能性があります。野菜を意識して多めに摂り、豆類や海草類なども取り入れるように心がけてみるとよいでしょう。

生理用品

生理用品をいつも使用しているものから変更してみるという方法があります。経血を吸収しやすいタンポンを使用したり、布ナプキンに変えるとよいかもしれません。布ナプキンは保湿性、通気性に優れているため衛生面でもよいですし、冷え症の方にも向いていると考えられています。使い捨てナプキンに使用されている吸水ポリマーは、血液を吸収した後には固くなり冷えるといわれています。

ナプキン

布ナプキンの場合には血液を吸収した後も変化しないため、子宮や膣を冷やすことがなく経血がスムーズに排出されやすくなります。最後に体を鍛える運動がよいといわれています。子宮が固くなっているとスムーズに経血が排出されづらくなります。子宮を柔らかくするような骨盤エクササイズなどを取り入れると生理期間を短くすることができるようになるかもしれません。

骨盤エクササイズ

骨盤エクササイズは、仰向けに寝て膝を90度に立て、お尻は床につけたまま左右にゆっくり揺らします。同じ動作を10回繰り返すことを朝晩2回ずつおこなってみるといいでしょう。日頃から適度な運動をすることも血液の流れをよくするので生理期間を短くできる可能性があります。

面倒で煩わしい生理期間を少しでも短くするために、できることから試してみるとよいかもしれません。

まとめ

今回は女性の生理周期や生理期間、つらい生理を短くする方法についてまとめました。正常な生理周期は25-38日で、生理期間は3-7日程度のようです。また、生理を短くするにはバランスのよい食事や適度な運動、生理用品の検討が有効かもしれません。女性にとって大切な生理についてよく理解し、健康でいたいものです。

PMS診断 PMS診断
TOP