PMS対策・改善NaviTOP » PMSコラム » PMSのときにピルが効かないのは何故?
PMSとは?診断テストでわかる PMS対策キホンの予防 セルフ改善医療機関で行う 専門的なPMS治療PMS治療が受けられる 病院リスト【セキララ座談会】つらい生理前どうしてる?

PMSのときにピルが効かないのは何故?

ピルが効かない症状

PMSの症状が重く、生活に困るほど影響を受ける女性は多く、ピルを利用する人が増えてきています。しかし、PMSの中にはピルによる改善が見込めない症状があります。ピル以外にも生活習慣の見直しや漢方を利用するなど、複数の対処法を組み合わせた方が良いケースがあるのです。ここでは特にピルについて詳しくみていきましょう。

ピルで緩和できるPMSの症状とは

PMSの代表的な症状は以下の症状などが上げられます。

  • ・肌荒れ
  • ・頭痛
  • ・下腹部の痛み
  • ・乳房の腫れ
  • ・イライラ
  • ・憂鬱
  • ・情緒が不安定になる

 

 

こちらの症状は、個人によって大きな差が出ます。ピルで抑えられる症状は、肌荒れや、頭痛や下腹部などの痛み、乳房の腫れなど、身体的な症状です。身体のむくみや不眠、怠さが抜けないなどの症状が改善されることもあります。ピルで抑えられない症状はイライラや憂鬱、情緒が不安定になるなど精神的なものです。痛みが原因でイライラしている場合などはピルの服用で全体的に症状が軽くなることもあります。しかし、精神的な症状全てを抑えられるわけではないので、効果を感じられない場合があるといわれています。

ピルが効かない人の特徴とは?

ピルが効かない人の特徴

ピルには様々な種類があり、何に効果があるかも人によって変わってきます。注意しなければいけないのはピルの使用で副作用が起きる場合があることです。ピルはホルモンバランスの変化を緩やかにし、排卵を抑えるものです。それが、逆に効きすぎてしまうことがあるのです。嘔吐や頭痛など、つわりに似た症状が出るだけでなく、不正出血を起こす人もいます。PMSでも精神的な症状が中心で、痛みなどはほとんどない人はデメリットの方が増えてしまうケースがあるとされています。

また、アレルギー体質の人や、家族に血栓症にかかったことがある人、肝機能に障害がある人は処方を受けられない場合があります。うつ病の薬を飲んでいるなど、別の病気の治療をしている人は副作用が強くなってしまう恐れがあります。喫煙などの習慣が悪影響を与えることもあるため、事前に医師に相談することが大切になってきます。

なぜ症状が緩和できないのか

ピルはホルモンバランスの変化を緩やかにし、排卵を抑制する効果があります。ピルによって緩和できる身体的な症状は、主に赤ちゃんを産む為の準備に伴うものです。ピルによって排卵を抑制できるため、身体の中に栄養や水分を貯めることや、血液を使って受精した卵子が着床する準備をすることがなくなるのです。

しかし、ホルモンバランスの変化自体を止めることはできないため、精神的な影響を受けやすい人の症状は改善が難しい部分があります。ホルモンバランスが変化すると、自律神経に影響を与えます。自律神経は精神的な落ち着きや、身体のリズムを整える働きをしています。感受性が強い人は自立神経の乱れによって、精神的な影響を受けてしまうことがあるのです。ピルだけで症状の全てを改善できるわけではないということもあるのです。

症状が緩和しない場合の対処法

PMSを緩和する対処法

PMSによる精神症状に悩んでいる場合には、まず食事(栄養)のバランスを見直すことがオススメです。極端に偏った食事がPMSの症状を悪化させることがあるからです。極端なダイエットなども影響が強いため、栄養療法の観点から食事を見直し、肉や野菜などをバランスよく食べることで症状が軽くなる場合があります。漢方も精神症状の緩和に対してよく使用されています。自律神経の働きを整えるものだけでなく、体質改善を図るために使用されることがあります。

また、体が冷えると生理が重くなると言わているため、体を温める工夫をする方法もあります。血液の流れが悪くなるとホルモンバランスの変化が激しくなる場合や、自律神経が乱れやすくなるからです。冷たい飲み物を避け、温かい飲み物で体を内側から温めるもとをオススメします。

最後に、医師に相談することも重要です。ピルには様々な種類があり、薬剤が合わないと副作用が強く出ることがあるためです。体質に合わせて薬剤を調整することや、漢方の併用などが可能となるため、まず困ったことがある場合は、医師の診察を受けた方が良いのです。

まとめ

ピルはPMSの全ての症状を抑えられるわけではなく、主に身体的な影響を緩和するものだということがお分かりいただけたと思います。精神的な影響を全て抑えることは難しく、効き目を感じない人がいるからです。精神的な症状が強く出ている場合には、食習慣の見直しや、漢方の服用で改善されることがあります。薬が合っていないこともあります。医師に相談することがとても重要で、自分の体質にあった対処法を見つけることへの第一歩であると考えられています。

PMS診断 PMS診断
TOP