PMS対策・改善NaviTOP » PMSコラム » PMSって婦人科でいいの?
PMSとは?診断テストでわかる PMS対策キホンの予防 セルフ改善医療機関で行う 専門的なPMS治療PMS治療が受けられる 病院リスト【セキララ座談会】つらい生理前どうしてる?

PMSって婦人科でいいの?

PMS治療

月経の1~2週間程前の黄体期に生じる様々な体の不調をPMS(月経前症候群)といいます。月経が始まると症状が治まり、次の月経の前にまた症状が現れて、月経周期ごとにこれを繰り返します。現在多くの成人女性がこの症状に悩まされているといわれています。症状が強いと、仕事ができなかったり、整理整頓が面倒になったり、何もしたくなくなって家に引きこもってしまったりすることがあり、日常生活に支障をきたしてしまうこともあります。

そうなってしまう前に、我慢し過ぎず、きちんと医療機関に相談することが大事です。では、どこに相談すればいいのか。また、どのような検査や治療があるのかなどをご紹介していきます。

婦人科でPMSを相談できるのか

PMSは婦人科で、相談できます。症状として、イライラ・怒りっぽい・抑うつ状態・乳房痛・頭痛・顔や手足のむくみ・眠気・集中力の低下などがあげられます。PMSの特徴である、月経の1~2週間前からの症状で、月経が始まると同時に消失していくという特徴があれば、まず婦人科を受診してみると良いでしょう。

その症状が本当にPMSによるものか診断が必要です。また、婦人科であれば他の婦人科系疾患との判別もしてもらいえるので、婦人科を受診なさることがお勧めです。抑うつなどの精神症状が強い場合には、精神科や心療内科の受診を勧められることがあるかもしれません。

婦人科での診察内容

診察内容について

最初の問診で、様々な症状を詳細に伝えることが大切です。詳細に伝えるためには、基礎体温の測定とともに、いつ頃・どのような症状が出たのか・などを記録したものを持参するといいでしょう。直近3か月ほどの記録があるとなおいいです。基礎体温の測定では、排卵後の黄体期も分かるためより正確な判断材料になります。その他血液検査によりホルモンバランスを測定したり、他の病気の可能性を探ったりもします。症状によっては他の病気との判別のために内診をすることがあります。これらを総合的に見て、PMSかどうかの診断をします。

婦人科では主に低用量ピルや漢方薬を使用した治療が中心となります。低用量ピルは、排卵を抑制し、卵巣から分泌される女性ホルモンの分泌量を低下させて症状を緩和する治療法です。精神症状が強い時には抗うつ薬などの処方をされたりもします。

専門クリニックの診察内容

一般的な婦人科以外では、PMSの治療を専門的にやっているようなクリニックがあります。婦人科での治療は主に低用量ピルや漢方・抗うつ薬などの薬物による治療が中心で対処療法(症状を和らげるための治療)となります。一時的に症状が良くなっても根本的な治療にはならないことが多いです。より詳しい血液検査や尿検査を行い、PMSの原因を特定し、不足している栄養素を補うためのサプリメントが処方されたり、食事や生活指導を受けることが可能となっています。低用量ピルなどを使用せずに、根本的に治したい場合に体質改善も含めて治療をしてくれる所もあります。

また、通常の婦人科やクリニックにPMS専門外来を設けている所もあります。専門外来なら、つらい症状をより理解してもらいやすいですし、話しもしやすいでしょう。女性専門外来もあるので、婦人科に行くのに抵抗がある方にも、女性ばかりであれは多少なりとも安心して行くことができますね。

総合病院の婦人科と専門クリニックのメリット・デメリット

婦人科と専門クリニックのメリット・デメリット

総合病院は規模が大きく安心ですが、診療時間はほとんどの場合、午前中のみのことが多いです。クリニックであれば午前・午後と診療をしている所も多いで、仕事をしている女性の方には通院しやすい面があります。

婦人科では、主に低用量ピルを使用した薬物治療が中心となります。ピルには少なからず副作用もあり、妊娠を希望している場合には排卵を抑制してしまうので不向きです。そういった薬に頼らずに副作用の少ないサプリメントや食事・生活指導で改善を目指したいのであれば、そういった治療を専門に行っている病院を探すのも良いでしょう。

しかし、婦人科を受診するメリットもあり、他の婦人科系の病気も隠れていないかをきちんと診察をしてくれる点では安心です。また、漢方薬を使用した治療をしてくれることもあります。インターネットで検索をすると、その専門クリニックの特色や、どういった治療に力を入れているか、医師の専門分野等の情報も載っています。事前に調べて行ってみるのも良いでしょう。まずは件数の多い婦人科が受診はしやすく病院も見つけやすいと思われるので、気軽に行って相談してみることをお勧めします。

まとめ

多くの女性が、症状があっても仕方がないとあきらめてしまっていることも多いですが、月経のある間ずっと付き合っていくと思うとそれだけで憂鬱になってしまいますね。このうな体の不調は、どこに相談したら良いか迷ってしまうことも多いですが、PMSの特徴が少しでもある場合には我慢せずに受診をしましょう。

診察をしてくれる病院の数自体はたくさんあり、実際悩んでいる方は多いのでまずは気軽に病院に相談してみましょう。

PMSの専門医を確認したい方は…
>> PMSクリニックリスト

PMS診断 PMS診断
TOP