PMS対策・改善NaviTOP » PMSコラム » 月経前症候群のサインと「PMS」と間違われやすい病気とは
PMSとは?診断テストでわかる PMS対策キホンの予防 セルフ改善医療機関で行う 専門的なPMS治療PMS治療が受けられる 病院リスト【セキララ座談会】つらい生理前どうしてる?

月経前症候群のサインと「PMS」と間違われやすい病気とは

人間の体は、毎日毎日同じ状態ではありませんよね。日々状態は、あらゆる変化をしています。昨日までは無かった症状が、突然発症するかもしれません。起きてみたら、発熱していた・風邪をひいていた、なんてことは珍しくありませんよね。

特に女性の場合は、月経前10日くらいになると体の不調を訴える月経前症候群(PMS)という症状を抱えている方が多くいます。個人差はありますが、人によっては日常生活に支障をきたしてしまう場合もあるようです。

PMSだから仕方ないと考えていたら、さまざまな病気に悩まされていたというパターンも多いようです。まずはPMSの症状に触れ、そこから間違われやすい病気について解説していきたいと思います。

月経前症候群(PMS)について確認しよう

月経前症候群(PMS)について

月経前症候群とは、生理開始2週間前ぐらいから起こる体の不快感を指し、PMSと呼ばれています。

このPMSが引き起こされる原因として、はっきりしない部分はありますが、女性ホルモンの分泌異常・自律神経の乱れなどが原因なのではないかと考えられています。

体の不調は人によってさまざまなものがあり、イライラ・集中できない・攻撃的になる・乳房の張り・肩こり・頭痛・食欲増進・眠気・腹痛・疲労感などが挙げられます。

また、体の不調だけにとどまらず、精神的に不安定になりがちな時期でもあります。PMSに悩まされる期間においても個人差がありますが、生理が始まると自然と症状が消失する事が多いようです。

こんな症状が出てきたら、何らかの病気のサインかも

病気のサイン

「PMSだから仕方ない」「いつも生理前にはある症状だから……」と思っていたら、PMSとは別の何らかの病気であったなんてことがあるのです。

PMSと間違われやすい疾患としては、代表的なものにうつ病・パセドウ病・慢性疲労症候群などが挙げられます。これら疾患について、PMSにも同様の症状が当てはまるため、自分が病気であると感じにくい傾向にあるのです。

しかしあまりにも症状の程度が酷かったり、長期間症状が続いたりする場合には、これらの病気を疑ってみる必要があります。

うつ病は涙もろくなったり死にたいという衝動にかられたりするなど、多くの精神面の不調をきたします。パセドウ病は甲状腺機能が高まり、ホルモンの過剰分泌によって、あらゆる症状をきたす病気です。慢性疲労症候群は強い疲労・睡眠障害・頭痛などを引き起こす病気として知られています。

これら以外にも、PMSと間違われやすい疾患がいくつか存在します。

間違われやすい病気まとめ

『月経困難症』

月経困難症とは、月経時に下腹部痛・腹痛・頭痛・発熱・下痢などを伴う病気です。人によっては、生活に支障が出るほどの症状を引き起こす場合もあります。月経困難症は、機能性月経困難症と器質的月経困難症に分けられそれぞれ原因が異なっています。

器質的月経困難症については、子宮内膜症・子宮筋腫のような別の疾患が原因となっている事が多いため、病気の治療によって改善出来る場合が多いとされています。

機能性月経困難症については、プロスタグランジンという月経時に生成される物質が、過剰分泌される事によって子宮収縮を促すためだとされています。子宮収縮が強くなる事で強い痛みが生じると考えられているので、それら症状を抑える鎮痛剤・漢方薬・低用量ピルなどを服用する事で軽減されると考えられています。

『月経前不快気分症候群』

月経前不快気分症候群は、PMDDと略して呼ばれる事が多い病気です。PMSと比べて精神面の症状が重く、月経前10日前くらいから始まり月経が終わると何事もなかったかのように消失するものとされています。

症状としては、鬱症状・涙もろさ・不安感・緊張感を強く感じるというもので、はっきりとした理由は分かっていません。

しかし、女性ホルモンであるプロゲステロンの過剰分泌により、一時的に不安定な状態となったり、幸せホルモンと呼ばれるセロトニンが月経の前に減少してしまったりするのが原因なのではないかと考えられています。

『更年期障害』

更年期障害とは、年齢を重ねるにつれて女性ホルモンの分泌量が減少し、卵巣機能の低下などにより、閉経前後で訪れる体の不調を指します。

基本的には40代から50代の女性が抱える悩みだと言われていますが、中には若年性更年期障害として30代くらいから症状が現れる方もいらっしゃいます。

症状は体のほてり・多汗・めまい・体のだるさ・頻尿・頭痛などが挙げられ、程度についても気づかないくらいの軽度の方もいれば、日常生活に支障が出てしまう方もいます。40代から50代では生活リズムが変化する場合(育児や介護など)が多く、これに伴うストレスが原因となることが多いようです。

その他の病気と間違われやすい病気は「ご注意!PMSの症状に良く似ている病気」でご紹介しています。

無理をしないで、症状が酷い場合は医療機関へ

症状が酷い場合は医療機関へ

これらの病気の症状には個人差があり、また治療をしないと悪化してしまうものもあります。もし、日常生活に支障をきたすほどの状態の場合は、一度医療機関を受診し、検査を受けることをおすすめします。

月経に関わっていることや、精神的症状はなかなか周りの人には理解されづらい、などのお悩みも多いことだと思います。しかし、心身ともに健康に過ごすことが大切ですよね。無理や我慢は禁物ですよ。

PMS診断 PMS診断
TOP