PMS対策・改善NaviTOP » PMSコラム » PMSで悩むあなたへ。病院受診の方法と準備しておくこととは
PMSとは?診断テストでわかる PMS対策キホンの予防 セルフ改善医療機関で行う 専門的なPMS治療PMS治療が受けられる 病院リスト【セキララ座談会】つらい生理前どうしてる?

PMSで悩むあなたへ。病院受診の方法と準備しておくこととは

月経前症候群は一定期間心身ともに不調をきたします

女性ホルモンの変化が関係しているといわれているとPMSですが、その症状に悩む女性は少なくありません。
日常生活や社会生活に支障が出てしまう場合には、専門病院・クリニックで専門家である医師の診察を受け、低用量ピルなどを処方してもらうことが望ましいといわれています。
しかし、PMSを専門にしている病院・クリニックを受診して治療薬をもらうことについて、ためらう気持ちが強い女性が多いとされています。ここでは、女性が専門外来を受診する際に少しでも、気持ちが楽になるような情報をお届けしたいと思います。受診をすることで治療につなげ、心身の負担を減らすことを目標にしていきましょう。

病院の受診をためらう理由とは

辛い症状があらわれているにもかかわらず、どうして病院への受診をためらうのでしょうか。おわかりの方が多いとは思いますが、改めて考えていきましょう。
PMS(月経前症候群)を専門的に診ている病院・クリニックの診療科目は、産婦人科・婦人科になります。女性には馴染みが深いとされる診療科ではありますが、その専門性が「受診しづらい」と感じさせてしまう傾向にあるようです。

『内診台』という存在

妊娠した場合や何かしらの婦人科系の疾患などで、内診が必要な時にとても重要な機械です。しかし、この内診台に対して不安に感じてしまったり、羞恥心を感じるという女性が多いのです。中には恐怖を感じるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

間違いかもしれないという不安

ご自分の判断で「PMSかもしれない」と思った場合に、心のなかにもう一つ思い浮かぶことがあるようです。「本当にPMSなのだろうか」という反対の考えです。専門家の診断を受ける前に、自己判断してしまうことにためらいがあるという気持ちの現れです。この反対の考えが浮かぶことが受診をためらう理由の一つだと考えられています。

大きな2つのためらいの要素をご紹介しました。でも、この2つ以外にもさまざまな理由があり、受診をしたいと思う気持ちとためらう気持ちの両方があるとされています。

PMSの専門医を確認したい方は…
>> PMSクリニックリスト

病院に行く前に知っておきたいこと

PMS受診で病院に行く前に知っておくこと

少し大げさかもしれませんが、心配な気持ちを持っている場合やためらう気持ちが強い場合には、心構えが必要かもしれません。
待ち時間中の気持ちを落ち着かせるためには、病院・クリニックの雰囲気や周辺の環境などを、知っておくといいでしょう。医師が女性か男性なのか、知っておくのも大切なことかもしれません。病院・クリニックの口コミや評判も気になりますよね。そういった気になることは、できるだけ事前に把握しておくと安心につながります。

いざ、治療をするという時に戸惑うことがないように、その病院・クリニックではどのような治療を行うのか、どんな治療方針で診療しているのか調べてみてもいいでしょう。
最近は、インターネットの普及により情報収集がしやすいです。希望の治療法がある場合には、その治療方法に特化した専門機関を受診することも可能です。

PMSで受診をする時に必要な準備

特に準備が必要というわけではありませんが、少しでも、受診・診察がスムーズに進むようにしたいものです。診察の前に問診があります。なにを聞かれるのか、不安になる人がいらっしゃるかもしれないので、
実のところ、普段かかる内科などとほとんど変わりはないのですが、婦人科では必ず聞く内容の一つに妊娠経験・出産歴などがあります。また、最終月経・生理周期なども必須項目です。問診の際にあると役立つものをご紹介します。

基礎体温表(3ヶ月間くらいの直近のものがあればベスト)

基礎体温を測っていない場合は、生理の記録があれば良いです。

辛い症状が出る時期や具体的に現れる症状などの記録

メモなどでも問題ありません。記録をしていない場合でも問診の際に、スムーズに話せるように頭のなかで整理しておくことをおすすめします。

お薬手帳

既往歴や薬の飲み合わせを知る際に役立ちます。飲んでいるサプリメントを伝えるのもいいです。
これらの他に、気になる症状や気になること・聞いておきたいことなど、忘れないようにメモにしておくと良いでしょう。

PMSの診察内容

診察ではどのようなことをするのでしょうか。 一般的に、問診表を見ながら行われます。問診のときよりも深く・詳しくPMSの症状などを聞かれることになります。
生活習慣などについても掘り下げて質問されるかもしれません。喫煙習慣・食生活などを聞かれることがあります。そして大事になってくるのが、過去の検査履歴です。子宮頸がんの検査や血液検査など、一番最近のことを答えられるようにしておくと安心です。 この時に、医師が必要であると判断した際に、血液検査など行われる検査項目が決められていきます。もしかしたら、検査で内診が必要ということもあるので、服装はスカートにした方がいいでしょう。

まずは診てもらうことを考えてみる

PMS症状が辛いのであればまずは診察

緊張していたり、不安を感じていた方の、緊張の解消や疑問の解決につなぐことができれば良いです。不安を感じる方には、個人差があるので一概には言えませんが、実際に受診してしまうと、「不安に思うことなんてなかった」と思われる方のほうが多いのだそうです。 「案ずるより産むがやすし」という言葉があるように、思い切って受診することが、PMS対策の第一歩となります。辛い状態でいるより、ほんのちょっとの勇気で、より良い生活を送っていくことのほうが大事ですよね!

PMS治療のクリニックを見てみる

PMS診断 PMS診断
TOP