PMS対策・改善NaviTOP » PMSコラム » 生理前に食べたいのは当たり前?PMS期の甘いもの欲求と注意点とは
PMSとは?診断テストでわかる PMS対策キホンの予防 セルフ改善医療機関で行う 専門的なPMS治療PMS治療が受けられる 病院リスト【セキララ座談会】つらい生理前どうしてる?

生理前に食べたいのは当たり前?PMS期の甘いもの欲求と注意点とは

生理前になるとなぜか甘いものが食べたくなる、食欲が抑えられなくなるという人は多いようです。生理前のイライラを抑えるためや落ち込んだ気分を紛らわせるために、甘いものでストレスを発散させている人も多いのではないでしょうか。

しかし、生理前のイライラなどといったPMS(月経前症候群)の症状がある時に甘いものを食べすぎると、PMS症状を悪化させてしまいます。

ここでは、PMS期に甘いものが食べたくなるメカニズムとその注意点について説明していきます。

生理前に甘いものが食べたくなる理由

生理前に甘いものが食べたくなる理由

月経開始前の約2週間、女性はイライラが増えたり悲しくなったりするなどの精神症状が表れることがあります。こういった症状をPMS(月経前症候群)といいます。
PMS期に甘いもの(糖分)が欲しくなる2つの理由をご紹介します。

ホルモンバランスの乱れ

理由の1つとして排卵時から多量に分泌される「黄体ホルモン」という女性ホルモンの分泌による体内の変化が挙げられます。
黄体ホルモンが増えると体温が上昇したり子宮内膜が厚くなったりなど、体内に変化が起こりエネルギーを多く消費します。

血糖代謝の変化

黄体ホルモンはインスリンの働きを低下させるため、身体がそれに反応してインスリンを多く分泌するようになり低血糖状態が起こります。
女性ホルモンの変化が原因で起こるエネルギー不足や低血糖状態から身体を守るために、身体が自然と甘いものを欲するという仕組みになっています

脳からのストレス回避命令

2つ目の理由として、PMS期に表れる身体と心の不快な症状を抑えようとする脳からの指令があります。
黄体ホルモンが大量に分泌されホルモンバランスが変化すると、それが脳にも影響を与えてPMS症状を発症します。

イライラや不安感などを抑えるために甘いものを食べると、脳内にセロトニンやアドレナリンなどの脳内物質の分泌量が増えて、一時的に幸せな気分になったりリラックスできたりします。

また甘いものには血糖値を急上昇させる効果があるため、一時的ですが気分が落ち着き元気になったような気持ちになります。
こうした効果があるため、PMS期には脳が甘いものを求めるメカニズムになっているのです。

なぜPMS期にお菓子はダメなの?

脳や身体が甘いものを欲しているのに、なぜ甘いものを食べるとPMSの症状が悪化してしまうのでしょうか。
実は甘いもの全てがいけないわけではなく、精製された「白砂糖」が使用されている甘いお菓子などが原因でPMS症状を悪化させてしまうのです。

低血糖とインスリン

低血糖状態がPMSの症状を引き起こすとされています。
甘いお菓子などを食べると、お菓子に含まれる白砂糖が体内の血糖値を急激に上昇させます。急激に上がってしまった血糖値を下げるために、たくさんのインスリンが分泌されます。

しかし血糖値が下がった後にも、分泌されたインスリンの作用はしばらく働いていて体内を低血糖の状態にしてしまいます。
結果、体内は低血糖から急激な血糖値上昇を起こし再び低血糖状態に戻ることを繰り返してしまうのです。

ビタミンとミネラル

精製された白砂糖にはビタミンやミネラルなどが含まれていません。
白砂糖を体内に吸収するために必要なビタミンやミネラルが余計に消費されてしまうため、栄養不足を招いてしまします。

身体を冷やす効果

白砂糖には体を冷やす働きがあるため、身体の冷えを促し身体の不調につながります。身体が冷えると生理痛(月経困難症)を悪化させることになりますので注意が必要です。

どうしても食べたくなるときの対策

おすすめ対策ビターチョコレート

甘いものがどうしても食べたくなったときに何を食べればいいのでしょうか。
白砂糖を摂らずに、満足感がえられる食べ物を選びPMS期を乗り越える工夫を取り入れましょう。

天然の果糖を含むフルーツ

フルーツの甘味は白砂糖によるものではなく天然の果糖です。
フルーツにはビタミンも含まれているので、ビタミン不足になりがちな女性には特におすすめです。ドライフルーツも手軽に食べられるのでいいですね。

砂糖が少ないチョコレート

白砂糖が多く含まれていないダークチョコレートやカカオを多く含むチョコレートを選ぶといいでしょう。チョコレートのカカオには身体を温める効果もあります。

ココアパウダー

砂糖が加えられていないココアパウダーにも身体を温める効果があります。コーヒーに砂糖を加えず代わりにココアパウダーを加えて、甘い香りを楽しむのもいいです。
白砂糖を含まずココアを入れたお菓子などを手作りするのもおすすめ。

血糖を急上昇させない食べ物

血糖は、白砂糖や精製された小麦粉・白米などで急上昇してしまうので、、これらを避けることも大切です。
玄米やナッツ類・全粒粉を使用したクッキーなど、ゆるやかに血糖値を上げる食品を摂ることを心がけてください

イライラを抑えるハーブティー

香りのよいハーブティーは、種類によってPMSの症状を和らげてくれるものもあります。
ハーブティーで香りを楽しむこと自体がストレス発散にもつながり、PMSで起こる不快な症状を緩和することになります。

PMS改善を目指して

PMSにはさまざまな治療があり、多角的なアプローチ方法が望めます。
婦人科やレディースクリニックを受診し専門家である医師の治療を受けることが、PMS症状改善の近道です。
治療方法として、低用量ピルを用いるホルモン療法や漢方薬を活用する漢方療法、食事・栄養面から考えられた栄養療法などが挙げられます。食事や栄養面でのアドバイスもしてもらえます。

ストレスにも注意して

ハーブティーでストレス緩和

日常生活で好きなケーキなど甘いものを我慢してしまうと、それ自体がストレスになる可能性が高いので、PMS期の白砂糖はよくないと理解しながら、ゆるやかな白砂糖制限をすることをおすすめします。

PMS診断 PMS診断
TOP